取引先の方への年賀状の宛名は、どう書けばいいんだろう?

 
ビジネスシーンでは、年始の挨拶で年賀状を取り交わすことが多くあります。

親しい人であれば気軽に出せますが、取引先宛に年賀状を差し出すとなると、結構悩んでしまうもの。

 
例えば、

  • 宛名の正しい書き方は、これでよいのだろうか・・
  • 普段はメールの連絡ばかりで、宛名の書き方がわからない・・
  • 役職がある方の場合は、どう書けばいいんだろう・・

こんな悩みがありがちです。

 
礼儀とビジネスマナーを踏まえて、しっかりと書きたいですよね。

特に宛名は非常に大切な部分

おかしい部分があると、非常に目立ちます^^;

 
年賀状取引先への宛名書き方は、どんなことを意識すればよいのでしょうか?

そこで今回は・・・

  • 個人宛に送る場合
  • 部署など組織宛に送る場合

 
この2つのパターンについて、お伝えしていきますね。

それぞれ解説付きで分かりやすさを重視したので、ご安心ください^^

 
年に一回ということもあり、なかなか書く機会がない年賀状。

この機会に取引先への宛名の書き方を頭に入れておきましょう!

 
まずは、取引先の個人宛に送る場合からお伝えしていきます。

スポンサードリンク

取引先の個人宛に送る場合の宛名の書き方

名前に様を付けるのが、基本的な宛名の書き方。

取引先の担当者個人宛に年賀状を送る場合は、敬称として「様」を付けましょう。

(例)田中 一郎 様

 
なお、ビジネスシーンで「殿」という敬称を目にしたことがあるでしょう。

しかし、「殿」は目上から目下に宛てて使う敬称とされており、マナー上失礼にあたる可能性があります。

そのため、年賀状で「殿」を使用することはありません!

 
宛名に「殿」は使わず、「」を使うようにしましょうね。
 

役職がある場合は「役職+名前+様」

先方の肩書になる役職がある場合、宛名の書き方は役職+名前+様とします。

(正しい例)部長 田中 一郎 様

 
ありがちな誤った例が「名前+役職+様」と書いてしまうこと。

(誤った例)田中 一郎 部長 様

 
役職(部長等)は、役職名自体が敬称の要素を含んでいるので、使い方として不適切です。

二重敬称という敬称が二つ続く使い方は、ビジネスマナーとしてNGなので、注意しましょう!
 

連名は基本的に使わない

取引先の個人宛に送る場合、連名は基本的に使いません。

 
取引先に連名で送るのは、マナーとしてNG

もしも、連名で送られてきた年賀状を相手が見た場合、悪い印象を受ける可能性があります。

一枚で済ませたんだな」と思われる可能性があるので、連名で送るのは控えてくださいね。

 
同じ会社内の複数の方に、年賀状を送る場合もあると思います。

そんな場合には、連名ではなく、一人ずつに年賀状を送るようにしていきましょう!

 
個人宛ではなく、部署などに送る場合はどうなのでしょうか?

次の見出しでお伝えしていきますね!

取引先の部署などに送る場合の宛名の書き方

年賀状を部署や会社宛に送る場合もあります。

このように組織へ送る場合には、宛名に御中を付けるようにしましょう。

 
「御中」は特定の個人宛ではなく、団体や組織などの宛名付ける敬称。

例えば、「会社名+部署名+御中」のように使います。

(例)◯◯株式会社 営業部 御中

 
規模の大きくない会社の場合は、「会社名+御中」としても問題ありません。

(例)◯◯株式会社 御中

 
なお部署名と個人名を併記して宛名に書く場合は、部署名の「御中」は不要です。

御中は個人宛に使わないので。

 
個人宛の場合には、先ほどご紹介をした「様」を使いましょう。

正しい例と誤った例をご紹介しますね。

(正しい例)◯◯◯◯株式会社 営業部
  部長 田中 一郎 様

(誤った例)◯◯◯◯株式会社 営業部 御中
  部長 田中 一郎 様

(↑「御中」は不要)
 

担当者が分かる場合は個人宛に送ること

名刺交換などをしていて、相手先の担当者がわかる場合には、個人宛に年賀状を送ること。

 
組織宛に年賀状を送ると、肝心の送りたい担当者の手元に着かない場合があります。

さらに、受け取ったとしても、自分宛ではないので、嬉しさを感じにくいでしょう^^;

 
部署などの組織に複数人年賀状を送る場合でも、「〇〇部 御中」などで送ることは、お勧めしません。

多少手間がかかっても、なるべく一人一人に年賀状を書くようにしてくださいね!

 
ここまで個人宛と部署など組織宛の場合における、宛名の書き方についてお伝えしてきました。

ですが、多くの人が見落としがちなポイントがあります。

 
取引先に失礼な年賀状は、送りたくないですよね^^;

地雷を踏まないようにするためにも、しっかりと守るべきポイントについても、頭に入れておきましょう!

 
次の見出しで詳しくお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

宛名を書く際の3つのポイント

宛名を書く場合には、どんなことが大切なのでしょうか?

そのポイントが・・・

  • 役職名の書き方を意識
  • 手書きの場合はペンか毛筆で
  • 住所や会社名は省略しない

それぞれについて見ていきましょう!
 

① 役職名の書き方を意識

役職がある場合「役職+名前+様」とすると書きましたが、長い役職の場合は改行して名前の右に書きます。

長い役職名を名前の上に書いてしまうと、バランスが悪く、名前が小さくなってしまうためです。

 
具体的には、4文字までは名前の上に書きます。

例えば・・・

  • 室長
  • 本部長
  • 課長代理

などですね。

 
5文字以上の場合は名前の右側に書きます。

例えば・・・

  • 常務取締役
  • 代表取締役社長
  • ゼネラルマネージャー

などです。

年賀状の見栄えにも影響するので、意識しておきましょう。
 

② 手書きの場合はペンか毛筆で

宛名を手書きする場合は、ペンか毛筆で書くのが原則。

 
ペンにはサインペンや筆ペンなど様々ありますが、ボールペンを使うのは避けたほうがよいでしょう。

ボールペンで書いてもマナー違反というわけではありませんが、ペンか毛筆で書いた方が相手が受ける印象は格段に良いはずです。

 
色々な年賀状を見ていると分かると思いますが、ボールペンで書いている人は、社会人だとあまりいないですよね^^;

そのようなことからも、宛名をボールペンで書くのは、あまり好ましくないと言えるでしょう。

 
以前は手書きが正式なものとされていましたが、最近はパソコンでの印字が主流。
 
自分の字に自信がなかったり、送る枚数が多いという場合には、パソコンの方がよいかもしれませんね^^
 

③ 住所や会社名は省略しない

本来の住所や会社名を省略しないようにしましょう。

 
宛名のビル名や、会社組織名((株)や(有)など)は、そのまま記載します。

(正しい例)□□町大通一丁目二-三 △△ビル 〇〇株式会社

(誤った例)□□町大通一丁目二-三 〇〇(株)
↑ビル名を省略しない、組織名に略字を使わない

 
また、組織名の「前(株) ⇒ 株式会社〇〇」と「後(株) ⇒ 〇〇株式会社」は特に間違えやすいので、注意してくださいね。

取引先担当者からもらった名刺を確認し、そのとおりに書けば問題ありません。

 
ついつい省略しがちなので、年賀状には正式な名称を記載してくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

年賀状における取引先への宛名のポイントについて、振り返っておきましょう。

<宛名の書き方のポイント>
① 役職名の書き方を意識
② 手書きの場合はペンか毛筆で
③ 住所や会社名は省略しない

 
役職がある場合には、4文字までは名前の上に書き、5文字以上の場合には名前の右側に書くようにしましょう。

 
また、手書きの場合には、ボールペンは避けたほうが無難。

どうしても文字が細くなるため、相手に良い印象を与えることが難しいのです。

筆ペンやサインペンなど太い文字で書くようにしましょうね。

 
私は年賀状を書く際には、宛名にもしっかりと意識しています。

もしもあなたが、宛名の書き方が適当な年賀状を受け取った場合、この人はマナーを知らない人だなと思いますよね^^;

そこで相手からの評価を落としてしまうのは、もったいないです・・。

 
ご紹介したポイントをしっかりと意識しましょうね!

礼儀とビジネスマナーは社会人として非常に大切なので^^

 
一口に年賀状といっても、宛名の書き方によって、発信者の礼儀とビジネスマナーができているかどうか、結構分かってしまうもの。

常に正しい宛名の書き方を把握して、円滑な人間関係を構築するのに役立つ年賀状を送っていきましょう!

スポンサードリンク