スポンサードリンク


名刺の同時交換する際には、どんな手順で行えばいいんだろう?
 

社会人として覚えておくべきことの1つが、そう名刺交換のマナー

特に困ることが多いのが、名刺を同時に交換しなければいけなくなった場合です。

 
同時交換の際には、相手と動きが合わないと、スムーズな名刺交換ができません。

  • 右手で渡すんだっけ、左手だっけ…
  • 受け取るのはどっちの手だろう…
  • 名刺入れは持ったままでいいんだっけ…

このようなマナーを知らないと、恥ずかしい思いをしてしまいます^^;

 
では、名刺同時交換はどんな手順で行えばよいのでしょうか?

 
そこで今回お伝えするのが・・・
名刺の同時交換の手順とマナー

社外の方と初めて顔を合わせる場合には、名刺交換を行いますね。

営業マンはもちろんのこと、どんな職種であれ、名刺交換は社会人として習得すべき必須のマナー

 
というわけで今回は、同時交換の手順についてお伝えしていきます。

同時交換では、右手・左手の使い方が大きなポイント!

動画付きでご紹介しますので、しっかりと頭に入れておいてくださいね^^

 
それでは、名刺を同時交換する場合の手順を見ていきましょう。

スポンサードリンク

名刺を同時交換する場合の手順とは?

同時に名刺交換をする際の手順を紹介していきます。

以下の手順をなぞれば、マナーを踏まえた名刺交換ができるので、しっかりと頭に入れておきましょう。

 
まずは、下記の動画をご参照くださいませ。


 

名刺交換の手順について、下記で詳しく解説していきますね!
 

① 名刺はすぐに取り出せるよう準備をする

初対面の相手と話をする際には、名刺はすぐ取り出すことができるよう準備をしておくこと。

名刺交換をする時になって慌てないよう、名刺入れをポケットからすぐに出せるようにしてくださいね。

 
ここで手間取ってしまうと、印象がよくありません。

スムーズな名刺交換ができるように、しっかりと準備しましょう。
 

② 両手で名刺を持つ

名刺交換のタイミングになったら、両手で名刺を持ちましょう。

その際には、名刺の文字を相手側に向けること。

自分側に向いていると、恥ずかしい思いをしますよ(笑)

 
また、名刺を持つ際には、指の位置に気を遣うこと。

あなたの名前や社名の部分を隠さないよう、気を付けましょう。

 

③ 名刺を渡す準備をする

名刺を渡す際には、「株式会社◯◯の◯◯と申します」と名乗るので、頭に入れておきましょう。

 
また、この時姿勢はやや前傾姿勢を取り、少しだけ腰を低くすること。

そうすることによって、相手にとっても名刺交換がしやすくなります。

相手への気遣いのためにも、ぜひ意識してくださいね!
 

④ 右手で名刺を渡して左手で受け取る

こちらだけが名刺を渡す場合は、そのまま両手で渡すのがマナーです。

ただし、同時交換の際には、相手の名刺も同時に受け取ることになります。

その際には、右手と左手の使い方に注意!

 
具体的には・・・

  • 右手 ⇒ 名刺を相手へ渡す
  • 左手 ⇒ 相手の名刺を受け取る

その後、受け取った名刺は、名刺入れの上で両手を添えて持ちましょう。

 
名刺交換をする際には、名刺を渡す・名乗る・名刺を受け取るの全てを行わなければいけません。

これらの流れをスムーズに出来るよう、しっかりと頭に入れておてくださいね!

 
続いて、名刺を同時交換する際の注意点を2つ紹介します。

まずは1つ目を次の見出しで見ていきましょう。

スポンサードリンク

同時交換は右手の使い方が大事!

繰り返しとなりますが、右手で名刺を差し出し、左手で受け取るのが同時交換のマナー。

基本的なビジネスマナーなので、きちんと覚えておきましょう。

 
左手で差し出し、右手で受け取るのはNGなのでご注意ください。

名刺を差し出すのは、自分も相手も右側です。

同時交換は右側通行と覚えておきましょう!

 

同時交換時に名刺を左手で差し出したり、両手で差し出すのはマナー違反。

恥をかきますので、やらないでくださいね!

 
特に左利きの人は油断していると、左手で名刺を持ってしまいがちです。

左利き同士の場合でも、右側通行は変わりません

間違えないようにしましょうね。

 
相手にビジネスマナーが分かっていないと判断されると、その後の取引や打ち合わせに支障をきたす可能性も・・。

間違える事のないよう、しっかりと頭に入れておきましょう!

 
ちなみに、同時交換時にはもう1つ注意すべきことがあります。

これも頭に入っていないと、恥ずかしい思いをするのでご注意を。

 
2つ目の注意点を次の見出しで見ていきましょう。

スポンサードリンク

複数人の場合には順番を意識する

初対面の相手が複数人いた場合には、誰から名刺交換をすればよいか迷いますよね?
 

  • とりあえず皆に渡せばよいのでは
  • こちらも右側を意識すればよいのでは

そう考えたあなたは要注意!

 
順番にもビジネスマナーがあります。

それは・・・
役職の高い順から交換すること
 
一番上の立場の人を差し置いて名刺を渡すのは、失礼なことなのです。

そのため、可能であれば相手の役職を事前に確認しておきましょう。

 

もしも、役職が全く分からなければ、どうすればよいのでしょうか?

その場合には、年上の人⇒年下の人という順番で渡すのが基本。

また、それでも区別がつかない場合は、相手の方々の敬語の使い方から判断しましょう!

 
複数人の場合には、先程ご紹介した同時交換の手順を何度も行うことになります。

マナーを知らなければ、大きな恥をかくことにもなりかねません。

1つ1つの手順を再度確認して、正しい方法で名刺を交換していきましょう!

まとめ

名刺の同時交換におけるマナーについて、振り返っておきましょう。

<名刺交換の手順のポイント>
① 名刺はすぐに取り出せるよう準備をする
② 両手で名刺を持つ
③ 名刺を渡す準備をする
④ 右手で名刺を渡して左手で受け取る

 
名刺交換は相手との関係を築く第一歩

ここでマナー違反をしてしまうと、相手からの印象が悪くなります。

あなたのみならず、会社としてのレベルが低いと思われる可能性があるのでご注意を。

 
特に同時交換の場合には、手順をきちんと押さえておくことが大事。

間違えると、相手との交換時にギクシャクしてしまいます・・。

そんなことにならないよう、上記のポイントを把握しておきましょう。

 
同時交換の場合には、両手の使い方が大事。

必ず右手で名刺を渡しながら、左手で相手の名刺を受け取ります。

右側通行と覚えておいてくださいね!

 
名刺の同時交換がスムーズに出来るよう、手順をきちんと把握しておくことをオススメします。

ビジネスマナーを踏まえた流れで、上手に名刺を交換していきましょう!

スポンサードリンク