スポンサードリンク


名刺交換の際に、名刺入れってどう持てばいいんだろう?

 
名刺交換において、名刺の持ち方に関しては意識をすることが多いと思います。

しかし、意外と抜けてしまいがちなのが名刺入れのこと

 
マナー本やインターネットで検索しても、名刺入れに焦点を当てている記事はほとんどありません^^;

名刺入れをどう持てばよいか悩んでしまいますね・・。

そう、私も新入社員時代に同じ悩みに直面した一人なのです。

 
名刺交換での名刺入れ持ち方は、どうすればよいのでしょうか?

 
そこで今回お伝えするのが・・・
名刺入れの持ち方に関するマナー

名刺の持ち方はバッチリでも、名刺入れの持ち方が誤っていると、印象がよくありません。

名刺交換をした相手から、「名刺入れの持ち方がなんか変・・」といったように思われたくないですよね^^;

 
名刺交換は、相手に名刺を渡すだけではなく、受け取る動作もあります。

そのため、渡す・受け取る両方の場合における持ち方のマナーをお伝えしていきます!

 
まずは、名刺入れとその持ち方から見ていきましょう!

スポンサードリンク

名刺入れの持ち方はどうすればいい?

名刺は親指と人差し指で持ちますね。

では、名刺入れはどのように持てばよいのでしょうか?

 
それが・・・
人差し指と中指で挟む持ち方
 
人差し指は名刺を持つ役割と、名刺入れを持つ役割の両方があります。

名刺交換に置いて重要な指となりますので、よく意識してくださいね!

 

 
加えて、名刺入れの向きはどうすればよいかも気になると思います。

その答えは、名刺入れの丸くなっている方を相手側に向けること。

 
名刺入れは、ただ名刺をしまうだけの役割ではありません。

名刺を載せるお盆のような役割も持っているのです。

それはどういうことなのでしょうか?

 
名刺を渡す時には、まず自分の名刺を一度名刺入れの上に置いて準備します。

また、名刺を受け取った時は、相手の名刺を一度名刺入れの上に置いて、相手の会社名や名前を確認します。

そのため、単に名刺を収納するものではないということを、しっかりと頭に入れておきましょう!

 
名刺入れの持ち方と役割をご理解いただけたかと思います。

次の見出しでは、名刺を相手に渡す時のマナーについて見ていきましょう。

スポンサードリンク

【名刺交換】渡す場合の持ち方と向きの流れ

実際に名刺を相手に渡す時の流れを一つ一つ確認していきましょう。

早速ですが、理解を深めるために下記の動画をご参照くださいませ。

 
まずは、名刺入れから名刺を取り出し、名刺入れの上に準備をします。

名刺を持つ時は、会社名・名前・ロゴ・写真に指がかからないように、端を持ってくださいね。

その際には、相手側に向いた状態(自分から見て文字が逆さまの状態)にすることを忘れずに!

 
そして、名刺入れは前の見出しでご紹介したように、人差し指と中指で持ちます。

丸くなっている方を相手側に向けて、挟むようにして持ってくださいね。

 
名刺を渡す準備ができたら、「〇〇株式会社の〇〇と申します。よろしくお願いいたします」と挨拶をして名刺を渡しましょう!

その際には、会釈するような体勢にしてくださいね。

 
名刺入れは、そのまま人差し指と中指で持ったままにしてください。

親指が自由になった状態です。

 
名刺を渡す時の名刺入れの持ち方と向きについて、お伝えしてきました。

ちなみに、受け取る場合はどうなのでしょうか?

 
次の見出しでは、名刺を受け取る際の持ち方と向きを見てみましょう!

【名刺交換】受け取る場合の持ち方と向きの流れ

さあ、次は名刺を受け取る番です。

体は会釈の角度を保ったままにしておいてくださいね。

相手が挨拶をして名刺を差し出してきたら、両手で名刺を受け取ります。

 
この時の名刺入れは、どう持っていればよいのでしょうか?

それは・・・
人差し指と中指で挟んだままにしておく

名刺を渡した時と同じ持ち方ということですね!

 

 
相手から名刺を受け取る際には、「頂戴いたします。(〇〇様でございますね。)よろしくお願いいたします。」といった文言も忘れずに述べてくださいね。

 
名刺を受け取る際には、名刺入れの上で行うこと。

親指と人差し指で受け取りましょう。

名刺入れは人差し指と中指で、しっかりと持った状態にしておいてくださいね!

 
ここまで名刺交換での名刺入れの持ち方について、お伝えしてきました。

名刺交換で意識するのは、何も名刺だけではありません。

名刺入れのマナーに関しても、しっかりと頭に入れておくことが大切。

 
名刺入れの持ち方や向きについても注意を払い、マナーを踏まえた対応をしてくださいね^^

スポンサードリンク

まとめ

名刺交換での名刺入れの持ち方について、振り返っておきましょう。

<名刺入れの持ち方のポイント>
人差し指と中指で持つ

 
名刺交換は相手と一対一で向き合う貴重な場面です。

短い時間であっても、相手との関係を築くための第一歩となります。

その時に、マナーを外してしまえば、印象が悪くなってしまいます・・。

 
多くの人は名刺本体のマナーは意識しますが、名刺入れのことは意外と抜けがち^^;

名刺交換の際には、名刺入れも持って挨拶することが大半ですよね。

 
持ち方や向きがおかしければ、相手から「この人大丈夫かな・・」と思われる可能性も。

そんなことにならないよう、マナーをきちんと押さえておきましょう。

 
名刺入れは人差し指と中指で持つのが基本的なマナー

人差し指と中指で挟むような持ち方でしたね!

名刺を渡す時、受け取る時の両方とも使う指は同じです。

 
名刺入れについてもきちんと注意を払い、マナーを押さえた対応で相手との関係を築いていきましょう!

スポンサードリンク