スポンサードリンク


在職中に転職活動をする場合、どんなことがキッカケでバレるんだろう?

 
転職が当たり前となってきた現代。

  • 前向きな姿勢でキャリアアップを目指している人
  • 昔からの夢を諦めきれずに再チャレンジしたいと思う人
  • 社風が合わなかった人

など転職の理由は様々です。

 
転職活動を始める場合、働きながら行うことが多いのではないでしょうか?

でも、その段階で周りには知られたくないはず。

バレると一気に気まずい雰囲気になってしまいます^^;

 
そんなことにならないよう、あらかじめバレる事例を把握しておきたいですよね。

在職中転職活動バレるパターンには、どういったものがあるのでしょうか?

そこで今回お伝えするのが・・・
バレやすいパターン5選
 
バレると転職活動に大きな支障が出てしまいます。

現在の会社での立場が、危うくなってしまうかもしれません。

精神的に非常に辛く、大変な状態になるでしょう(;_;)

 
そんなことにならないよう、どんな状況だとバレやすいのかをご紹介しますね。

大変な状況にならないために、あらかじめ内容を把握しておきましょう。

 
それでは、バレる状況5選についてお伝えしていきますね!

スポンサードリンク

在職中に転職活動していることがバレる状況5つ

在職中に転職活動をしていて、バレやすいのはどんな状況なのでしょうか?

 
特にバレやすいのが次の5つ。

それが・・・

  1. 同僚に転職活動をしている事を話す
  2. SNSで転職の話題を発信する
  3. 会社のPCで転職サイトを閲覧する
  4. 会社で転職に関する書類を印刷する
  5. 取引先の人に転職活動をしている事を話す

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。
 

同僚に転職活動をしている事を話す

転職活動をしている旨を同僚に話すことで、バレる可能性があります。

 
入社当時からいくら親しくしている同僚でも、ペラペラと話すことは禁物。

「周りにペラペラ話すような人であれば、大丈夫なのでは!?」と思うかもしれませんね。

 
でも、ここで注意したいことがあります。

それは、自ら言いふらすような人ではなくても、上司に伝わってしまうリスクがあるから。

 
上司が「最近ちょっと落ち着きがない」とあなたの変化に気付く可能性があります。

例えば、あなたの同僚に「最近、彼(彼女)の様子がいつもと違うけれども、何かあったのか?」と尋ねる場合があるでしょう。

同僚は上手く誤魔化せるかどうかは、何とも言えませんね^^;

 
あなたが反対の立場だったら、理解出来るのではないでしょうか?

少しでも動揺してしまえば、完全に隠し通すことは難しいでしょう。

そうすると、あなたの行動を何らかしらの形でマークされる可能性があります^^;
 

SNSで転職の話題を発信する

FacebookやTwitter、そしてInstagramにLINE。

何らかのSNSに参加していない人の方が少ないですよね。

 
もしあなたが、少しでも転職の話題をSNS上で取りあげたら、拡散するものだと思ってください。

いつどこで、あなたと関係する方の目に触れるか分かりません。

 
さらに、SNSの場合は、社内の人以外にも注意をする必要があるのです。

お客さん社外の人が見る可能性も十分あります。

そこから、社内の人に情報が広がるリスクが高いですね。

 
SNSは拡散力が絶大です。

転職の話題に触れることは大きなリスクになるので、絶対に避けましょう。

スポンサードリンク

会社のPCで転職サイトを閲覧する

会社のPCで転職サイトを閲覧している姿を見られると、非常にキツいです。

 
転職サイトの閲覧によって、あなたが転職活動をしていることを強く疑われるでしょう。

言い訳をするのは、中々難しいですね^^;

 
たとえ、休憩時間・お昼休み・終業時間後でも十分気をつける必要があります。

誰があなたのPC画面を目にしているか分かりません

転職サイトの画面を開いた状態で、上司から呼び出されるなどで席を立つことになれば、そこでバレる可能性も・・。

 
たとえ、その場はしのげても、疑われることになれば後々も厳しいです。

というのも、疑いをかけられれば、あなたのPCの履歴をチェックされる可能性があるから。

そうすると、転職サイトを閲覧していたことが、完全にバレることになります。

 
会社で転職サイトを閲覧することは、大きなリスクになるので、やめましょう。
 

会社で転職に関する書類を印刷する

転職活動をしていると、履歴書・職務経歴書など、用意する書類がたくさんありますね。

そういった書類を会社で印刷するのはNG

バレるリスクが出てきてしまいます。

 
プリンターは、複数人で共有しているハズです。

そのため、同じタイミングで印刷した人がいればアウト(泣)

 
また、コピーをすることも避けるようにしましょう。

もしも、原本やコピーした書類を取り忘れてしまったら、どうなるでしょう?

転職活動をしていることが、完全にバレてしまいますね・・。

 
会社だとプリンターもコピー機もあるので、便利なのは分かります。

ただし、リスクが非常に大きいので、転職に関する書類を印刷・コピーすることは、避けるようにしてくださいね。
 

取引先の人に転職活動をしている事を話す

取引先の人だったら社外だし大丈夫だろう、と思っていませんか?

親しくなれば問題ないか、とつい気を許してしまいがち。

ですが、この場合も同僚や上司に伝わるリスクが高いです。

 
もしも、取引先の人が第三者に話してしまい、同僚や上司の耳に入ってしまったらどうでしょう?

思わぬ形で転職活動のことが、バレることになります。

 
ましてや同業他社であれば、最悪ですね・・。

先に噂が広まり、選考に支障が出る可能性があります。

わざわざリスクを追うような行為は、やめてくださいね。

 
次の転職先が決まって、退職の挨拶をする時であれば問題ありません。

しかし、転職活動中に話すのはリスクが大きいです。

ビジネスマナー的にもよいことではないので、転職のことを話すのは避けるようにしましょうね。

 
ここまでバレやすい5つの状況について、ご紹介してきました。

分かっているつもりでも、改めてハッと気付いた点もあったのではないでしょうか?

 
あなたがこの記事を目にしているということは、事例を知って転職活動をしていることをバレないようにしたいはず。

そこで、バレないようにするための対処法についても、お伝えしていきますね。

次の見出しで見ていきましょう!

スポンサードリンク

バレないようにするための対処法

在職中に転職活動をしていることが周囲にバレないようにするためには、どんなことを意識すべきでしょうか?

 
特に大切なのが・・・
リスク管理の徹底
 
あなた自身がリスク管理を徹底していれば、余程のことが無い限りバレる心配はありません。

言い換えると、転職活動をしていることがバレるのは、あなた自身の問題であるということ。

具体的にはどんなことに気を付ければよいのでしょうか?

 
特に意識をしておきたいポイントが次の3つ。

  1. 会社で転職関係の作業をしない
  2. 仕事で関わる人には転職の話をしない
  3. SNSで転職活動の情報を発信しない

 

そう、つまり先程ご紹介した5つの状況を起こさないようにすればよいということ。

これら3つのポイントを意識して、周囲に気付かれるリスク管理をしっかりと行ってくださいね!

 
会社では転職活動の作業を控えること。

転職サイトの閲覧、関係書類の印刷やコピーなどをすれば効率的だと思うかもしれません。

ですが、バレた時の代償が大きいのでやめてくださいね。

 
また、仕事で関わる人には、転職の話を控えるようにしましょう。

対象は社内だけでなく、社外の人も含みます。

どんなに親しくしていても、転職することが決まるまでは、口に出さないようにしてください。

 
最後にSNSですが、SNSは情報の拡散力が絶大です^^;

いつどこで誰が見ているかわかりません。

転職に関する事だけでなく、それを匂わせるようなことも発信しないようにしましょう。

 
これら3つのポイントを頭に入れ、リスク管理を徹底してくださいね!

スポンサードリンク

まとめ

在職中に転職活動がバレるパターンについて、振り返っておきましょう。

<転職活動がバレやすい状況5選>
① 同僚に転職活動をしている事を話す
② SNSで転職の話題を発信する
③ 会社のPCで転職サイトを閲覧する
④ 会社で転職に関する書類を印刷する
⑤ 取引先の人に転職活動をしている事を話す

 
在職中の転職活動は、限られた時間の中で行わなければならないため、大変だと思います。

しかも、周囲にバレないように行わなければなりません。

 
もしも、転職活動をしていることがバレると、大変な状況になる可能性があります。

会社に居づらくなりますね・・。

他の会社に目を向けているということで、あなたへの対応が冷たくなる可能性が非常に高いです(;_;)

 
では、在職中に転職活動をしていることをバレないようにするためには、どんなことを意識すればよいでしょうか?

それが、次の3つのこと。

【転職活動が周りにバレないための対策】

◎ 会社で転職に関する作業をしない
◎ 仕事に関わる人には転職の話をしない
◎ 転職活動を匂わせることをSNSで発信しない

 

リスク管理を徹底し、周囲に気付かれないように転職活動を成功させていきましょう!

スポンサードリンク