外注ライターさんの募集文って、どう書けばいいの?

 
「記事作成の外注化をしたい!」と思っても、避けて通れないのが外注ライターさんの募集。

募集をかける際には、募集文が必須です。

 
適当な文章・不足がある文章では、質の高いライターさんは来てくれません。

しっかりしている人ほど、最初の入口である募集分の内容を大事にするので。

 
では、記事外注募集文はどのように書けばよいのでしょうか?

 
そこで今回お伝えするのが・・・
私が使用している募集文サンプル
 
サンプル文はコピペで使用してもOKですよ!

かなり太っ腹な大サービスです(笑)
 

また、サンプル文はあなた仕様にアレンジしていただいても構いません。

ぜひあなたの好きなやり方で活用してくださいね。

 
それでは、募集文のサンプルについて見ていきましょう。

 

僕の募集文サンプルを紹介!

私がクラウドワークスにて活用しているサンプル文です。

一から文章を考えるよりも断然早いので、ぜひ活用してくださいませ。
 

外注ライターさん募集文のサンプル

【タイトル】

【専門知識不要!長期歓迎!】〇〇に関する記事作成ライターさんを募集!(2,000字以上:10記事)
 
【挨拶文】

当案件をご覧いただき、誠にありがとうございます!

在宅で好きな時間に行っていただける、時間・場所ともに自由なお仕事の募集です。家庭や自分の時間を大切にしながら、作業をしていただけます。

20代~30代で在宅希望の主婦の方を、特に歓迎致します!
 
【仕事内容】

<概要>
・ 指定したキーワードに関する情報をインターネットで調べて、記事を作成いただきます。
※ 具体的な作業方法・マニュアル・記事構成に関するテンプレートがありますので、初心者の方でもスムーズに作業を進めて頂くことが可能です。

・ 徐々に慣れていただくために、最初はいろいろとアドバイスを交えながらサポートさせていただきたいと思っています。

・ 記事の内容は◯◯に関することです。インターネットで検索してわかる範囲の情報で結構ですので、特に専門的な知識が必要なものではありません。

・ 記事作成スキルとともに〇〇に関連する内容の知識・意識が高まります。

・ 1記事当たりの文字数は2,000字以上です。
 
<必要な環境>
・ インターネット接続環境

・ エクセル、ワード

・ メールで連絡が取れる方
 
<募集条件>
・ 週に2記事作成が可能な方
※ 急用などで難しい状況の場合は、適宜ご相談に応じます。

・ 〇〇について興味がある方

・ 文章を書くことが好きで、オリジナルの記事を作成して頂ける方

・ 責任感が強くお仕事を最後までやり遂げられる方

・ エクセル、ワードソフト操作が可能な方

・ 報告・連絡・相談をしっかりとして頂ける方
 
<禁止事項>
・ 他サイトのコピペ記事

・ 記事の使い回し

・ 簡単なリライト(書き換え)のみの記事
※ コピペ、簡単なリライトが発覚した場合はその時点で契約を無効とさせて頂きます。
 
<報酬>
・ 1記事:700円(システム手数料込) + 消費税(70円)
※ 消費税は当方が負担します
 
<応募希望の方へ>
応募希望の方は、以下の内容を記載してご応募ください。

① 簡単な自己紹介
② 作業可能な曜日、時間帯
③ 意気込み・自己PR

内容を拝見して、最終的な依頼の可否について判断をさせて頂きます。
 
<最後に>
疑問点・不明点などがありましたら、お気軽に連絡をくださいね!

こちらでも、各々に沿ったアドバイスをさせていただき、上達のサポートを行いますのでご安心ください。

ご応募お待ちしております!

 

以上です。

私はこのサンプルをその時々によって、少しアレンジしながら使っています!

 
では、このサンプル文でどんなことを意識していると思いますか?

次の見出しで僕が意識している3つのポイントをご紹介しますね。

 

募集文で僕が意識している3つのポイント

募集文では、どんなことを意識すべきなのでしょうか?

 
僕が意識しているポイントが次の3つ。

それが・・・

  1. どんな人に応募してほしいかを記載する
  2. 作業内容を具体的に記載する
  3. 親近感を持てる文章を心掛ける

それぞれについて、解説していきますね。
 

① どんな人に応募してほしいかを記載する

応募してほしい人のイメージが全く出来ていないのは危険。

どんな人に応募してほしいのかをイメージしておくことが大切です。

例えば、

  • ライティングスキルが高い人
  • 今のところライティングスキルは低いけど、頑張ってくれそうな人
  • 楽しく記事を書いてくれそうな人

などおおよそのイメージを持っておきましょう。

 
私の場合には「報酬をそこまで気にせず、楽しく書いてくれる人」を希望しています。

というわけで、私は「20代~30代で在宅希望の主婦の方を特に歓迎します」という表記で書いているんですね。

 
主婦であれば、ある程度時間に余裕があって、報酬にガツガツ言う人は少ない傾向にあるので。

また、好きなことを楽しく書いてもらえることが多いです。

また、20代〜30代であれば、パソコン操作に慣れている人も多いですからね^^

 
あなたがどんな人に応募してほしいかについて、しっかりと記載しておきましょう。
 

② 作業内容を具体的に記載する

どんな内容のブログ記事を書いてほしいのか、具体的に明記しましょう。

具体的には・・・

  • ブログのテーマ
  • 記事数
  • 1記事あたりの文字数
  • 記事作成マニュアルの有無
  • 記事の提出ペース(週に2記事など)

といったことです。

 
作業内容が不明確であれば、外注ライターさんは安心して応募することが出来ません。

そんなことにならないよう、上記で挙げた作業内容は、しっかりと記載するようにしてくださいね!

 
作業内容を具体的に記載して、応募する外注ライターさんの不安をなくす意識を持ちましょう。
 

③ 親近感を持てる文章を心掛ける

親近感を持ってもらえる文章を意識しましょう。

具体的にどうすればよいのでしょうか?

 
それは・・・
気軽に問い合わせをしてもらえる文章にすること
 
堅苦しい文章だと、どうしても壁が出来てしまいます。

つまり、外注ライターさんが応募しにくくなるというわけ。

 
例えば、私の場合だと「疑問点・不明点などがありましたら、お気軽に連絡をくださいね!」と記載を必ず入れています。

こういった文章を入れることによって、距離感の近さをアピールできます。

契約後にも信頼関係が構築しやすくなるので、上記の一文はオススメですよ^^

 
親近感のある文章にした方が、僕の経験上やはり反応が良かったです。

応募する側の立場も意識して、募集文を作成していきましょう!

 

まとめ

記事外注の際の募集文について、振り返っておきましょう。

<記事外注の募集文で意識すべきポイント>
① どんな人に応募してほしいかを記載する
② 作業内容を具体的に記載する
③ 親近感を持てる文章を心掛ける

 
外注ライターさんに記事を作成してもらうからには、なるべく質の高い人に応募してほしいですよね。

また、契約後にもスムーズに作業をしてもらえるのが理想的です。

 
これらを実現するためには、ご紹介した3つのポイントを意識すること。

僕のサンプル文は、これらの要素を意識して作成しています。

ぜひあなた好みにアレンジして使ってみてくださいね!
 

僕は外注サイトでクラウドワークスを利用しています。

クラウドワークスをオススメする理由について書いてますので、下記の記事もご参照くださいませ。
⇒ ブログ記事の外注化|私が利用しているおすすめサイトはココ!

スポンサーリンク