今この記事をご覧になっているということは、独自ドメインとサーバーの準備ができている状況かと思います。

もしまだでしたら、先に設定を済ませておいてくださいね!

 

今のままだと、独自ドメインとサーバーが別々に存在している段階です。

前回までの記事で、サーバーを「土地」・ドメインを「住所」に例えましたね。

つまり現在は、「土地」と「住所」が結びついていない状態ということ。

 
このままでは、実際のサイトを表示することができません。

そのため、両者を紐付けする必要があります。

 
それでは、独自ドメインとサーバーの紐付けをしていきましょう!
 

独自ドメインとサーバーを紐付けよう

まずは、エックスサーバーのサイトでサーバーパネルにログインし、ドメイン欄の「ドメイン設定」をクリックします。


 
ドメイン設定の「ドメイン設定の追加」をクリックしてください。


 
次のような画面が開きますので、「ドメイン名」の欄に取得したドメインを入力し、「確認画面へ進む」ボタンをクリックします。

なお、このときに、

  • 無料独自SSL を利用する
  • 高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレーター」を有効にする

のチェックは、入れたままにしておいてください。

【SSLについて】

SSL(Secure Sockets Layer)とはインターネット上でデータを暗号化して、送受信する仕組みのこと。

URL が「http://~」ではなく「https://~」となり、ユーザーの情報が漏洩しにくくなります。

読者に「安全意識の高いサイト」という認識を持ってもらうため、SSL化は必須です。

 
【Xアクセラレータについて】

エックスサーバー独自機能のことで、Webサイトを高速・安定化させることができます。

こちらも必ずチェックを入れておきましょう。

 

内容に問題がなければ、「追加する」をクリックして紐付けを完了させます。



 
ドメインの追加がサーバーに反映されるまでに、数時間(最大で2 日)かかるので、しばらく待ちます。

ドメインの追加がサーバーに反映されると、ブラウザに独自ドメインを入力することでサイトが表示されます。

つまり、「土地」と「住所」が結びついた状態になるということ。

 
今回の内容は以上で終了です。

お疲れさまでした!

スポンサーリンク