スポンサーリンク


コンビニコーヒー代を節約したい・・・

 
「安くて美味しいから」とついつい買ってしまうコンビニコーヒー。

Sサイズであれば1杯あたり100円と安いものの、これが積み重なると結構な出費になります(^^;)

大きいサイズやカフェラテなどにすれば、より出費がかさみます。

では、コンビニコーヒー代を節約するには、どのような対策をとればよいのでしょうか?

その対策法を5つご紹介します!

 
それが、、、

  1. ペットボトルコーヒーに切り替える
  2. インスタントコーヒーに切り替える
  3. タンブラーに切り替える
  4. コンビニに立ち寄らない
  5. 会社でコーヒーを飲む

 
それぞれの対策法について、1つずつ解説していきますね!

スポンサーリンク

① ペットボトルコーヒーに切り替える

ペットボトルコーヒーであれば、約1Lの容量が100円前後で購入できます。

コンビニコーヒーのSサイズ(100円)が150mLの量なので、1/6~1/7もお得なんです。

ペットボトルコーヒーで150mLの量だと約15円ですから、大きな節約が可能です!

 
味はコンビニコーヒーの方が美味しいかもしれません。

ですが、コストが1/6~1/7になるなら、明らかにコンビニコーヒー代の節約になりますよね。

 
ペットボトルコーヒーのまとめ買いをすればより安く購入できるので、より節約ができますよ~
 

② インスタントコーヒーに切り替える

インスタントコーヒーであれば、1杯あたり10円前後で飲むことができます。

コンビニコーヒーの約1/10の費用なので、かなりの節約です!

外で買うコーヒーがいかに高い金額かが分かりますね…

 
コーヒーの味にそれほどこだわりがなければ、インスタントコーヒーはオススメです。

特にホットコーヒーの場合は、ペットボトルコーヒーだと温める手間がかかります。

インスタントコーヒーであれば、お湯を注げばOKです。

 
コンビニコーヒー代を節約したいと考えている方は、ぜひ選択肢として考えてみてくださいね。

スポンサーリンク

③ タンブラーに切り替える

タンブラーであれば、コーヒーを気軽に持ち歩くことができます。

ペットボトルコーヒーやインスタントコーヒーを家で用意して、タンブラーで持ち運べばかなりの節約が可能です。

 
ステンレス製のタンブラーであれば、保温性保冷性の両方に優れています。

つまり、ホットコーヒー・アイスコーヒーどちらのタイプでも美味しく飲むことができるわけです。

 
また、タンブラーは様々なタイプがあります。

容量やデザインなど自分好みのタンブラーを選択しましょう。

 
ペットボトルコーヒーやインスタントコーヒーを入れて、上手に節約していけるとGOODです!
 

④ コンビニに立ち寄らない

弁当やおやつなどを買うために、コンビニを利用する方も多いでしょう。

その際に、ついついコンビニコーヒーも買ってしまうかと思います。

コンビニコーヒーが100円で買えるとはいえ、積み重なると結構な出費になりますね^^;

 
この問題の根本的な解決としては、コンビニの利用を控えることです。

コンビニは様々な誘惑があるため、目的の商品とは違うものも買ってしまいますよね。

そのため、弁当を買うなら弁当屋を利用するなど、ついで買いを抑える工夫が大切

 
コンビニの利用を控えれば、必然的にコンビニコーヒーの購入抑制につながります。

便利なコンビニですが、節約の大敵でもあります。

 
コンビニコーヒー代の節約を考える際には、コンビニ利用を控えることもぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

⑤ 会社でコーヒーを飲む

会社によっては、インスタントコーヒーやペットボトルコーヒーがあると思います。

コーヒーメーカーが設置されている会社もありますね。

 
会社でコーヒーが飲める環境であれば、活用しないのはもったいないです。

コンビニコーヒーの代わりにタダでコーヒーが飲めるので、コーヒー代の節約ができます。

自腹を切らずにコーヒーを飲めるのは大きなメリットなので、ぜひ積極的に活用していきましょう!
 

まとめ

コンビニコーヒー代の節約法について、振り返っておきましょう。

<コンビニコーヒー代の節約法5選>

① ペットボトルコーヒーに切り替える
② インスタントコーヒーに切り替える
③ タンブラーに切り替える
④ コンビニに立ち寄らない
⑤ 会社でコーヒーを飲む

 
コンビニコーヒーは100円で買えるとはいえ、積み重なると結構な出費になります。

仮に毎日買えば、1ヶ月に3,000円・年間36,500円の費用がかかります。

 
ペットボトルコーヒーやインスタントコーヒーだと、1杯あたり約10円で飲むことが可能です。

コンビニコーヒーの1/10程度の費用ですね。

タンブラーに入れて持ち運べば、ホットコーヒーもしくはアイスコーヒーがいつでも飲めます。

 
また、ついついコンビニコーヒーを買ってしまうという方は、コンビニに立ち寄る習慣を変えていきましょう。

コンビニに寄らなければ、ついで買いを抑えることができますので^^

 
もしあなたが会社でコーヒーを飲める環境であれば、積極的に活用してくださいね。

タダでコーヒーが飲める環境を利用しない手はありませんから。

 
ご紹介した複数の節約法を組み合わせて、コンビニコーヒー代を上手に節約していきましょう!

スポンサーリンク