転職や副業をするためのスキルを身につけたい」と思っている向上心の高い方へ!

Webスキルを幅広く学んで人生の選択肢を増やす行動を起こしましょう!

まずはオンラインで無料体験入学からどうぞ↓



パワハラを受けており、即日退職したい!

そんな考えを持ってはいないでしょうか?

 
深刻なレベルでパワハラを受けていれば、その職場で働くモチベーションが下がっているでしょう(^^;)

そんな場合、

  • 一刻も早く会社を離れたい
  • 二度と出社したくない
  • 上司(社長)に顔を合わせたくない

という状況かもしれません…

 
つまり、即日退社したい状況ということですね!

では、パワハラ即日退職するためには、どうすればよいのでしょうか?

そこで、一刻も早く手間をかけずに退職する方法をご紹介します!

 
それでは早速、即日退職を行う方法を見ていきましょう。
 

パワハラで即日退職する方法とは?

パワハラで即日退職する方法は主に2つあります。

どんな方法でしょうか?

 
それが、、、

  1. 会社側に非を認めさせる
  2. 退職代行サービスを利用する

 
それぞれについて解説していきますね。
 

① 会社側に非を認めさせる

会社を退職する場合、基本的に退職の2週間前までに申し出をしなければなりません。

民法627条に「退職の2週間前には退職する旨を告知する義務」がある旨が記載されているからです。

 
ただし、例外もあります。

会社側に「非」が認められる場合には、即日退職が可能になります。

パワハラは当然のことながら、会社側の非ですよね。

 
とはいえ、会社側がパワハラをしたことを素直に認めるでしょうか?

パワハラをしてくる上司(社長)ような人間性の方が、素直にパワハラを認める可能性は限りなく低いでしょう。

 
さらに、あなたよりも上の立場です。

パワハラを認めると、上司(社長)自身の立場が悪くなるので、なおさら会社側が非を認めることは難しいです。

 
音声などを録音していれば、パワハラの証拠が残るので、徹底的に会社と戦う選択肢もあります。

ただし、相当な労力を使います。

何度も上司や社長と話し合いをしなければならないでしょう。

 
それでは、本来の目的である即日退職の意図とずれてしまいます。

なので、即日退職を希望しているのであれば、精神的負荷や時間的ロスが大きいため、この方法はあまりオススメしません。

 
もう一つの即日退職できる方法を見ていきましょう。
 

② 退職代行サービスを利用する

退職代行サービスとは、あなたの代わりに退職の手続きを全て代行してくれるサービスです。

退職代行サービスを利用すれば、退職の手続きを代わりに行ってくれるので、今後会社に一切行くことなく辞めることができます。

もちろん、上司や社長など会う必要もありません。

 
パワハラを受けているのであれば、あなたは会社に行くこと自体苦しい状態でしょう。

なので、退職代行サービスを利用することによって、精神的負荷をかけずに会社を退職することが可能です。

 
先ほど民法で「退職の2週間前には退職する旨を告知する義務」があることをお伝えしましたね。

なので、退職代行サービスを利用する場合には、14日間全て有給休暇を消化した後に退職する流れとなります。

14日経過後に退職が認められるので、実質即日退職と同じです。

 
もしあなたが、

  • 退職を言い出すのが怖い
  • 一刻も早く職場を離れたい
  • パワハラをしてくる上司(社長)とは二度と顔を合わせたくない

という場合には、退職代行サービスを利用してスパッと辞めてしまいましょう!

 
ちなみに、誰にでも退職代行サービスの利用をオススメするわけではありません。

退職代行の利用に適さない人もいるからです。

 
では、どういった人が利用すべきで、どういった人が利用すべきではないのでしょうか?

次の見出しでお伝えしていきますね。
 

退職代行サービスを利用すべき人・利用すべきではない人

退職代行サービスはどんな人に適しているのでしょうか?

そこで、退職代行サービスを利用すべき人・利用すべきではない人について、見ていきましょう!

 
退職代行サービスを利用すべき人は、こんな状況の方です。

【退職代行サービスを利用すべき人】

  • 今すぐにでも会社を退職したい人
  • 今後上司や社長と顔を合わせたくない人
  • 通常の方法では退職が難しい人
  • これ以上精神的負荷をかけたくない方
  • 時間的なロスをしたくない方

 
あなたはパワハラで即日退職したい状況かと思います。

そんな状況で、通常の流れで退職をするのであれば、時間がかかる上、精神的負荷があまりに大きいです。

 
退職代行サービスをすることによって、あなたはもう会社にも行かず、会社の人間と直接連絡を取る必要もありません。

つまり、これ以上パワハラに悩む必要がなくなるということ。

 
もしあなたが今すぐに辞めたいということであれば、利用する価値は十分あるでしょう。

 
では反対に、退職代行サービスを利用すべきではないのは、どんな状況の人でしょうか?

それが下記のような人です。

【退職代行サービスを利用すべきではない人】

  • 経済的に困窮している人
  • パワハラに対して訴訟を起こしたい人
  • 自分自身に非がある社内トラブルを起こしている人

 
退職代行サービスを利用すると、どうしても費用が発生します。

その費用すら払うのが厳しいという方は、利用すべきではありません。

 
パワハラを受けたことに対して、訴訟を起こしたい人もいるでしょう。

その場合には、退職代行サービスではなく弁護士に依頼するのが最適です。

訴訟を起こす場合には証拠が重要なので、パワハラの状況が分かる証拠(音声など)を準備しておく必要があります。

 
また、あなた自身に非がある社内トラブルを起こしている場合も、退職代行サービスの利用は控えるべきでしょう。

万が一、会社から損害賠償の請求が来れば、あなたが不利になる可能性があるからです。

 
ここまで退職代行サービスを利用すべき人・利用すべきではない人について見てきました。

訴訟を起こす予定はなくとも、退職代行サービスを行っている会社ではなく弁護士に依頼しようかなと思っている人がいるかもしれません。

 
そこで、退職代行サービス会社に依頼するメリット・デメリット、弁護士に依頼するメリット・デメリットについても把握しておきましょう。
 

退職代行サービス会社or弁護士に依頼するメリット・デメリット

退職代行サービス会社もしくは弁護士に依頼するメリット・デメリットはそれぞれ異なります。

まずは、退職代行サービス会社に依頼するメリット・デメリットから見ていきましょう。

【退職代行サービス会社】

<メリット>

  • 弁護士に依頼する場合と比べて費用が安価
  • 退職することに焦点を当てるため早く退職できる

<デメリット>

  • パワハラで訴訟を起こす場合には対応が困難
  • 悪質な退職代行サービス会社が存在する

 
退職代行サービス会社に依頼するメリットは、弁護士と比較して費用が安いこと。

辞めることだけに注力したいのであれば、退職代行サービス会社で十分でしょう。

 
ただし、法律に違反したり、オプションで請求額をつり上げてくるような悪質な退職代行サービスも存在します。

なので、法律に違反することなく、費用の上乗せがない退職代行サービス会社の選択が重要です。

 
ちなみに、弁護士の場合はどうなのでしょうか?

弁護士に依頼する場合の主なメリット・デメリットが下記です。

【弁護士】

<メリット>

  • パワハラで訴訟を起こす場合に対応してくれる
  • 法律のプロに依頼できる

<デメリット>

  • 退職代行サービスに依頼する場合と比べて費用が高価
  • 手続きや打ち合わせの手間が多くなる

 
弁護士に依頼するメリットは、法律のプロであるため訴訟などにも対応してくれること。

ただし、その分費用が高価になることは覚悟しなければなりません。

退職代行サービス会社に依頼する倍程度の費用は覚悟しておきましょう。

 
もしあなたが訴訟を起こすことは考えておらず、即日退職を希望しているのであれば、退職代行サービスの利用で十分でしょう。

依頼者を退職させるサービスに特化しているため、退職までのスピードも圧倒的に早いので^^
 

一早く今の職場を退職したいなら退職代行サービス

あなたが今の職場を一早く退職したいのであれば、退職代行サービスの活用をオススメします。

それはどうしてなのでしょうか?


その理由は、安心・確実に今の会社を退職することができるから。

あなたがやることは、退職代行サービスの会社に退職の依頼を行うだけ。

それで、会社や上司へ連絡不要で翌日から出社せずに退職することが可能なのです。


退職代行サービスを行っている会社は、多くあります。

では、どこに依頼するのがベストでしょうか?


それが、、、
退職代行ガーディアン


主な理由は、
  • 法に適合している
  • 費用が安価である
からです!

下記のようなイメージです。


退職代行は法適合の合同労働組合か弁護士でなければ、法律違反によってトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

その点、ガーディアンは法適合の合同労働組合なので、安心・確実に退職することができます。


弁護士に依頼する選択肢もありますが、弁護士への依頼は高額な費用がかかります。

あなたが現在の職場で大きなトラブル等を起こしておらず、単に早く退職をしたいのであれば、ガーディアンで十分な対応をしてもらえます。

弁護士に依頼するよりも、断然安く済みますよ!


安心・確実に退職するのであれば、退職代行サービスガーディアンを利用することをオススメします。

LINEで簡単に申し込み相談ができるので、退職したいけど人材不足でなかなか辞められないという状況の場合には、ぜひ活用してみてくださいね!
⇒ 会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

まとめ

パワハラで即日退職する方法について、振り返っておきましょう。

<パワハラで即日退職する方法>
① 会社側に非を認めさせる
② 退職代行サービスを利用する

 
会社側がパワハラの非を認めるのであれば、即日退職できる可能性があります。

ですが、直属の上司(社長)があなたにパワハラをしてきているようであれば、諦めた方が無難です。

自分自身の立場が危うくなるので、素直にパワハラを認めることは期待できないからです。

 
そこで、スマートに即日退職したいのであれば、退職代行サービスを利用しましょう。

あなたの代わりに退職の手続きを行ってくれます。

 
そのため、あなたはパワハラを受けた人に会わなくてよいだけでなく、二度と会社に行かなくてもOKです。

パワハラを受けているということは、精神的に辛い状況だと思います。

精神的負荷をかけず一刻も早く退職をしたい方は、退職代行サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?
 

スポンサーリンク