派遣で契約更新されないのは、どうしてなんだろう?

 
派遣先の環境がよければ、契約更新を期待しますよね。

ですが、あなたは更新を提案されなかったという状況かもしれません^^;

 
契約更新は、派遣先からの要望があって実現するもの。

あなたがいくら希望しても、派遣先から「契約を更新しない」と言われてしまえば、残念ながらそれまでです。

その際に気になるのが、どうして更新されなかったのかという理由。

 
派遣更新されない理由には、どんなものがあるのでしょうか?

 
そこで今回お伝えするのが・・・
契約更新に至らない代表的な10つの理由

単に契約更新に至らないと言っても、大きく2つのパターンに分かれます。

具体的には・・・

  • 派遣先に理由がある場合
  • あなたに理由がある場合

 
それぞれの理由について、しっかりと頭に入れておきましょう。

あなたに当てはまる理由がないかをチェックしてくださいね!

 
まずは、派遣先に理由がある場合から見ていきましょう。

更新されない理由が派遣先にある場合

契約が更新されない理由が派遣先にある場合、どんなことが考えられるのでしょうか?

 
主な理由が次の3つ。

それが・・・

  1. 一時的に派遣社員が必要だったため
  2. 新たに正社員を雇うことになったため
  3. 他の派遣会社に乗り替えたため

 
それぞれの理由について、見ていきましょう。
 

一時的に派遣社員が必要だったため

派遣先は長期間派遣社員を雇う予定がなかったかもしれません。

例えば、繁忙期など一時的な期間のみを想定しているなどの場合ですね。

 
また、最初はある程度長期で考えていたけれども、途中から考えが変わった可能性もあります。

どちらにせよ、一時的に派遣社員が必要だったということが言えるでしょう。
 

新たに正社員を雇うことになったため

企業の体制は、社会事情に合わせて常に変わっていきます。

 
新規事業をスタートしたり、所属していた部署の体制を突然強化することだってあり得ること。

そうなれば、正社員を雇うことになったとしても不思議はありません。

正社員だと、派遣社員のように雇用期間が決まっていないというメリットがあります。

 
企業側にもこのような事情があることについて、理解しておきましょう。
 

他の派遣会社に乗り替えたため

派遣先が新たな派遣会社と契約を結ぶ場合があります。

他の派遣会社の方が条件が良ければ、乗り換える可能性もあるでしょう。

 
残念ですが、あなたの努力ではどうにもならない部分

こればかりは仕方がないですね^^;

 
ここまで契約更新がされない理由が派遣先にある場合について、お伝えしてきました。

更新されない理由があなたにある場合は、どうなのでしょうか?

 
次の見出しで見ていきましょう。

更新されない理由があなたにある場合

契約が更新されない理由があなたにある場合には、どんなことが考えられるのでしょうか?

 
主な理由が次の7つ。

それが・・・

  1. やる気がないと判断されたため
  2. 素行に問題があると判断されたため
  3. コミュニケーション能力が低いと判断されたため
  4. 自己主張が強い人だと判断されたため
  5. スキル不足と判断されたため
  6. この会社に合わないと判断されたため
  7. 単純に継続して雇いたいと思われなかったため

 
それぞれの理由について、お伝えしていきますね。
 

やる気がないと判断されたため

あなたが一生懸命に仕事に取り組んでいたとしても、周りからの見方は異なる場合があります。

 
例えば・・・

  • 声が小さい
  • 姿勢が悪い
  • 仕事中にボーっとしていることがある
  • 自分から仕事を覚えようとしていない
  • 指示されたことしかやっていない

これらに心当たりはありませんか?

 
もし該当していれば、やる気がないと判断される可能性があります。

思い当たる原因を改善していきましょう。
 

素行に問題があると判断されたため

素行に問題があると判断されれば、契約更新の望みが薄くなるでしょう。

以下のようなことに心当たりはありませんか?

 
例えば・・・

  • 言葉遣いが悪い(敬語を上手く使えない)
  • 挨拶がきちんとできていない
  • 勤務態度が悪い(遅刻・欠勤が多い)

 
今一度自分自身の言動や行動を振り返っておきましょう。

もし心当たりがあるなら、改めてくださいね!
 

コミュニケーション能力が低いと判断されたため

コミュニケーション能力は、社会人として非常に大切なスキル

話が噛み合わないことが度々あれば、コミュニケーション能力が低いと判断されている可能性があります。

 
もちろん、派遣先の上司や社員との相性が合わないということもあるでしょう。

ただし、現実的には相手に合わせることができるかどうか次第で、コミュニケーション能力が図られる場合が多いです。

自己主張が強い人だと判断されたため

あなた自身の意見や考えを強く主張したことはありませんか?

 
自分ではよかれと思って、提案したかもしれません。

ですが、受け取った相手としては、そう感じていない場合もあります。

 
もしかすると、自己主張の強い人だと思われているのかもしれません。

そうなれば、扱いにくい人だと判断されてしまいます。

 
礼儀正しさ・謙虚な姿勢を常に心掛けていきましょう!
 

スキル不足だと判断されたため

スキル不足と判断されたことは残念ですが、謙虚に受け止めるしかありません。

 
あなたの実力不足が原因なわけなので、今後に向けた行動をしていきましょう。

これからどうやってスキルをアップしていけば良いかというような考え方ですね!

 
次は同じ職種で働くのか、別の職種で働くのかによっても、スキルアップの方向性が異なります。

良いアイデアが思い浮かばなければ、派遣会社の担当者に相談するのも一つの方法ですよ。
 

この会社に合わないと判断されたため

業界・会社によって、雰囲気は大きく異なります。

 
あなたにも、相性が良い人と悪い人がいますよね。

それと同じで、派遣先の担当者があなたにはこの会社が合っていないと判断する可能性があります。

 
もしこの会社に合わないと判断されても、それほど気にする必要はないでしょう。

縁がなかった・ただ合わなかっただけと捉えて、次の仕事を前向きに探してくださいね。
 

単純に継続して雇いたいと思われなかったため

あなたには悪い点がなかったかもしれません。

ですが、特別良い点がなかったという場合もありますね。

つまり、そこそこという評価なわけです。

 
そうなれば、わざわざ継続してまで雇いたいと思わないでしょう。

今後同じことを繰り返さないよう、何か魅力的な要素を身につけることをオススメします!

 
ここまで、契約が更新されない理由があなたにある場合について、お伝えしてきました。

 
あなたに該当する原因が1つだけかもしれないし、複数あるのかもしれません。

ここで気になるのが、契約を更新しないと言われたのがどんな理由なのかということ。

 
契約を更新しない理由について、派遣社員本人には伝えられるものなのでしょうか?

次の見出しで見ていきましょう。

本音で理由は話してくれない

更新してもらえないのが、どんな理由か気になりますね。

更新しない理由は、派遣先の担当者から教えてもらえるのでしょうか?

 
その答えは・・・
本音で理由を教えてはくれない
 
もしも、あなたがその企業に直接雇用されているのだったら、理由を話してくれるかもしれません。

ただし、あなたは派遣会社に所属している人間。

そのため、派遣先の担当者から教えてくれることはないでしょう。

 
契約更新されない理由をあなたに伝えるのは、派遣会社の担当者の仕事。

理由を知りたいのであれば、派遣会社の担当者に尋ねましょう。

 
ここで注意したいのが、派遣会社側でも本当の理由を伝えられていない可能性があること。

それは、派遣先側の事情や、あなたへの配慮であるかもしれません。

派遣会社の担当者に対しても、本音を伝えられていないようでしたら、深追いせずにこの話は終わりにするのがよいです。

 
次の仕事に向けて、しっかりと準備をしていきましょう!

まとめ

派遣で契約が更新されない理由について、振り返っておきましょう。

【更新されない理由が派遣先にある場合】
① 一時的に派遣社員が必要だったため
② 新たに正社員を雇うことになったため
③ 他の派遣会社に乗り替えたため
【更新されない理由があなたにある場合】
① やる気がないと判断されたため
② 素行に問題があると判断されたため
③ コミュニケーション能力が低いと判断されたため
④ 自己主張が強い人だと判断されたため
⑤ スキル不足と判断されたため
⑥ この会社に合わないと判断されたため
⑦ 単純に継続して雇いたいと思われなかったため

 
契約の更新がされないのは、派遣先に原因があるかもしれないし、あなたに原因があるかもしれません。

もしくは、両方の原因が重なっている可能性もあります。

 
派遣の契約が更新されない場合、何が原因か気になると思います。

もしも理由を知りたいなら、派遣会社の担当者に聞いてみましょう。

派遣先から理由を伝えられていれば、教えてくれるかもしれません。

 
ただし、派遣会社の担当者も本音で理由を聞いていない可能性もあります。

その場合には、何が原因かの特定は難しいでしょう。

自分に合わなかったと思い、気を取り直して次の行動をしてくださいね。

 
もしあなた自身に理由があったとしても、謙虚に受け止めて、次のステップに進んでいきましょう!