ビジネスメールに慣れていない時期に、相手へメールを送る際に困ってしまうことがありますよね。

それが宛名の敬称。

  • この場合は「御中」にすればいいの?
  • それとも「様」かな?
  • そもそも違いがよく分からない…

御中と様の使い分けについて、このような疑問や迷いがあるかもしれません。

 
もしもあなたに当てはまる事項があれば、このまま記事を読み進めてくださいね。

事例付きでご紹介しますので、悩みの解消に向かうはず!

私は昔、宛名で「人事部 御中 鈴木 様」と書いてしまったことがあります。

メールを送る直前に再度確認をして、間違いに気付いたので、あやうく恥ずかしい思いをするところでした^^;

私が就活をしていた頃の思い出です・・。

 
就活の時期や社会人経験が浅いと、どっちを使えばいいのか悩んでしまうことがあるはず。

メール御中の使い分けは、どうすればよいのでしょうか?

 
そんな疑問を解消するために、

  • 御中と様の意味
  • 御中と様の使い方

についてお伝えしていきます。

また、「こんな場合はどっち!?」といった、つい迷いがちな事例もご紹介していきますね!

 
まずは御中の使い方から見ていきましょう。

スポンサードリンク

御中の使い方

御中という言葉は、あまり聞き慣れないかもしれません。

御中の敬称はどのような場合に使用するのでしょうか?

それは・・
組織や団体宛に送る場合

会社や部署といった集団に送る場合に使う敬称です。

つまり、宛先が特定の個人ではない場合ですね。

「〇〇株式会社」・「人事部」・「採用係」のように、個人に対してではなく、会社や部署など団体宛にメールを送る際には、御中を用いましょう。

例えば、下記のような使い方です。

  • 〇〇株式会社 御中
  • 人事部 御中
  • 採用係 御中

特定個人以外には御中を使うと覚えておきましょう。

 
ちなみに、使用頻度の高い「様」は、どのような場合に使うのでしょうか?

次の見出しで様の使い方を見ていきましょう。

様の使い方

「様」はよく目にする敬称ですね。

様は御中とは逆で、宛先が特定の個人の場合に使用します。

「〇〇株式会社 太田 様」のように個人に向けたメールには、様を付けて対応します。

 
また、直接的な名前が分からなくても、担当者個人に送信したいという場合がありますよね。

そういう場合でも、個人に向けた発信なので、「~担当者 様」のように様を付けて対応します。

ただし担当者が複数いる場合や、何人いるか分からない場合には、御中となりますので気を付けましょう。

ここで様と御中の使い分けのおさらいをしておきましょう。

<御中と様の使い分け>

「御中」:組織や団体宛に送る場合の敬称
「様」:個人宛にメールを送る場合の敬称

 

ちなみに、私が就活をしていた時期に気になったことがあります。

それは、「〇〇株式会社 御中 〇〇 様」のように御中と様を同時に使うことができるのかどうかということ。

そんな疑問について、次の見出しで解説していきますね!

スポンサードリンク

御中と様を両方使うのはアリ?

御中と様を併用するのは、ビジネスマナー的にアリなのでしょうか?

その答えは・・・
併用するのはNG

同時に使うのはマナー違反なので、やってはいけません!

 
先程お伝えしたように、御中と様は「複数宛か」「個人宛か」で、使う場面が分かれています。

そのため、両方併用したいという場合には、必ずどちらかが不適切な使用方法となっているのです。

また、御中と様はともに敬称なので、併用すると敬称が二重になります。

世間的には、二重敬語もしくは二重敬称という呼ばれ方で、ビジネスマナー的にNG

 
例えば人事部の太田さん宛に送る場合には、「人事部 御中 太田 様」とするのではなく、「人事部 太田 様」と送るようにしましょう。

もしも、人事部という部署に送る場合には、「人事部 御中」という使い方です。

 
今まで御中と様の使い方についてご紹介してきました。

しかし、実際にどう使うかまだピンと来ない方も多いかもしれません。

 
そこで次は、実例を交えて御中と様の使い分けをお伝えしていきますね!

続いて見ていきましょう。

こんな場合は御中を使う?様を使う?

頭の中では何となく分かっても、御中を使うのか、様を使うのか、まだまだ判断に迷うところがあるはず^^;

ということで、「こんな宛先だった場合は、御中と様のどちらを使うの!?」という実例を見ていきましょう!

 
宛先の後に正解と解説をご紹介するので、少しずつスライド(タップ)させながら見てくださいね。

〇〇株式会社の営業部にメールを送る場合

〇〇株式会社 営業部 御中」が正解。

営業部は特定の個人ではありませんよね。

会社の部署なので、御中を使いましょう。

株式会社○○の総務課にメールを送る場合

株式会社○○ 総務課 御中」が正解。

「課」は個人ではないですよね。

「課」という集団に送るので、御中を使用しましょう。

〇〇株式会社の人事部 中田さんにメールを送る場合

〇〇株式会社 人事部 中田 様」が正解。

宛先が中田という個人に向けたものなので、様を使います。

「〇〇株式会社 人事部 御中 太田 様」のように、二重にならないよう注意をしましょう。

株式会社〇〇人事部の採用担当者にメールを送る場合

この場面は、送り先によって正解が異なります。

相手の採用担当者が一名だと確定しているときは様を使います。

さらに、「担当者」を「ご担当者」と丁寧するとなおGOOD。

株式会社〇〇 人事部 採用ご担当者 様」のような使い方ですね。

 
「採用担当係」のように個人ではなく、組織の場合には御中を使います。

株式会社〇〇 人事部 採用担当係 御中」のような使い方ですね。

 
御中と様の使い方を間違えると、相手に与える印象が悪くなってしまいます。

そうならないよう、事例を再度チェックして、御中と様の使い分けを完璧にしていきましょうね!

まとめ

メールで御中と様を使う場合について、振り返っておきましょう。

<御中と様の使い分けポイントがコレ!>
◎ 御中:会社・部署・団体など特定の個人以外が宛先の場合
◎ 様:特定の個人に向けた宛先の場合

 
宛名への敬称一つ間違えただけで、ビジネスマナーを知らない人・きちんと調べていない人という印象を与えてしまいます。

そうならないよう、御中と様の使い分けをしっかりとマスターしておきましょう。

 
ちなみに、「人事部 御中 田中 様」のように、御中と様を併用するのはマナーとしてNG

この場合は、人事部に所属している田中さんという個人宛に送るので、正しくは「人事部 田中 様」となります。

もしも「あれ!?」ということになっていれば、要注意。

先ほどご紹介した事例を見直して、しっかりと使い分けをできるようにしておきましょう!

 
そうそう、最近は「〇〇支店長 御中」と間違えて敬称を書いているメールをCcで受信しました^^;

新入社員ではなさそうだったので、「マナー面大丈夫かな・・」と思ってしまいました。

 
こんなことにならないよう、御中と様の使い分けはしっかりとできるようになっておきましょうね!

スポンサードリンク