スポンサーリンク


派遣の中でいちばん募集が多い仕事は、何でしょうか?

 
そう、圧倒的に事務の仕事!

そして、希望する方も非常に多くいます。

 
単に派遣事務といっても、いくつか種類があるのは、ご存知でしょうか?

派遣事務には、一般事務・OA事務・営業事務・受付事務など様々なものがあります。

その中でも特に案件数が多いのが、一般事務とOA事務

 
両者の違いってなかなか分かりにくいですよね^^;

一般事務とOA事務の実際の仕事内容や良い部分・嫌な部分って、実際はどうなのでしょうか?

 
そこで今回お伝えするのが・・・
派遣事務での体験談

実際に派遣事務の仕事で、経験した仕事や感想などをお伝えしていきます。

どんなスキルが必要なのかも触れますね^^

 
一般事務とOA事務でどんな違いがあるのかも、ご紹介していきます。

意外と知らない方が多いので。

 
派遣事務の実際について知りたいという方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいませ。

 
まずは、派遣事務の仕事内容から見ていきましょう。

スポンサーリンク

派遣事務ってどんな仕事なの?

単に派遣事務と言っても、仕事が幅広くあります。

派遣事務の仕事内容を大きく分けると、

  • 電話応対、メール応対、来客応対
  • データ入力
  • ファイリング、備品管理
  • 雑用、庶務

などがあります。
 
ですが、上記の項目だけ見ても、何をするのかピンとこないのではないでしょうか?

実際、私もそうでした^^;

 
そのため、派遣事務の仕事内容を詳しく掘り下げていきたいと思います!

それぞれについてお伝えしていきますね。
 

電話応対・メール応対・来客応対

電話応対とは、社内もしくは社外の方から掛かってきた電話を担当者につなぐ対応のことです。

または、外出中であることを電話の相手に伝えて、折り返しの手配をすることもあります。

つまり、取り次ぎまでの対応ということ。

 
メール応対も、基本的には担当者へ転送する(振り分ける)ところまでが多いです。

ただし、場合によっては、あなた自身がメールを送ることもあります。

仕事内容によって仕事の範囲が変わるので、あらかじめ派遣会社に確認をしておくとよいでしょう。

 
また、打ち合わせや商談などでは、様々な方が来社されますよね。

会議室などにお客様をご案内して、お茶出しをするという来客対応も行います。
 

データ入力

データ入力は、パソコンを使用した仕事になります。

主に次の2つの内容が多いです。

それが・・・

  • Excelを使ったデータ処理
  • 会社独自のシステムを使用した情報入力

 
データを整理して、効率よく利用できるようにする仕事ですね。
 

ファイリング・備品管理

ファイリングとは、文字の通り書類の保管や整理をすること。

適切なファイルに書類を綴じて、見たい時に直ぐ取り出せるようにします。

 
備品管理は、必要な資材等を切らさないように管理します。

コピー用紙や付箋など足りなくなれば、発注をかけて補充する役割です。
 

雑用・庶務

雑用・庶務には、会社によって異なる場合が多いでしょう。

そのため、私の経験を基に一例をご紹介しますね!

 
まずは、郵便物の仕分け

会社に届いた郵便物を仕分けする仕事。

郵便物を宛先の部署へ仕分ける、または仕分けられた郵便物を取ってきて担当へ渡していました。

 
また、物品の梱包・発送準備もありました。

送りたい物品をダンボールに詰めて、発送手続きまでを行います。

 
押印書類の回覧なんかもありましたね。

押印が必要な書類を各部署へ回覧する仕事です。

回覧がきちんと各部署に回っているかも、チェックしていました。

 
ちなみに、一般事務とOA事務はどんな違いがあるのでしょうか?

OA事務という表記をよく見かけると思いますが、具体的に一般事務と何が違うのかピンと来ないもの^^;

 
次の見出しで見ていきましょう!

スポンサーリンク

OA事務は仕事なの?

派遣事務の案件を探していると、OA事務という案件も結構あると思います。

OA事務とはどんな仕事なのでしょうか?

 
まずはOAという言葉の意味からお伝えします。

OAとはOffice Automationの略であり、事務処理の自動化のことを指します。

つまり、パソコン・FAX・コピー機などのOA機器を操作する事務ということ。

 
ですが、今の世の中、パソコンなどのOA機器を使用しない仕事は、ほとんどありません。

したがって、一般事務とOA事務の違いはほとんどないと言えるでしょう。

 
しいていえば、OA事務の方が多少パソコンのスキルを求められる印象を受けます。

ですが、経験上ほとんど違いはありません

そのため、一般事務でもOA事務は特に区別せずに、案件探しを行ってOKです!

 
実際に、一般事務の募集であっても、Excel関数まで求められることも実際にありますし^^;

私は仕事探しの際に気にした事はないですよ。

 
あくまで募集要項の内容で、自分のスキルや経験と合っているかを確認しましょう!

 
実際、派遣事務にはどんなスキルが求められるのでしょうか?

経験上必要だと実感したスキルをご紹介しますね。

 
次の見出しで見ていきましょう。

スポンサーリンク

派遣事務に必要なスキルとは?

 

派遣事務では、具体的にどんなスキルが必要になるのでしょうか?

 
特に重要なスキルが次の2つ。

それが・・・

  1. コミュニケーションスキル
  2. PCスキル

 
社内関係者と会話をしたり、電話応対・来客応対などがあります。

そのため、コミュニケーション能力は欠かせないスキル。

 
ですが、コミュニケーションは何も派遣事務に限ったことではありませんね。

そのため、この記事では派遣事務で求められるPCスキルについてお伝えします!

 
特に必要となるスキルがExcelとWord

それぞれについて見ていきましょう。
 

Excel編

Excelでは関数を使用したり、表を作成することが多いです。

関数では、

  • SUM関数(数値の合計を出す)
  • Average関数(数値の平均を出す)
  • 四則計算(足し算・引き算・掛け算・ 割り算)

などを使用するので、あらかじめ出来るようにしておくとよいでしょう。

 
あとよく使うのが、ExcelのVLOOKUP関数という機能。

あまり馴染みがないかもしれません^^;

 
表から取り出したい部分の条件だけをピックアップする機能のことです。

例えば、顧客リストから「名前」と「居住地」だけを指定して取り出すといったことができます。

少し慣れが必要になりますが、独学で十分できる範囲の内容です。

 
私も慣れると簡単にできるようになりましたので、ご安心くださいね^^

自分で調べたり、派遣会社の学習システムを利用して習得しましょう。
 

Word編

Wordでは、見積書・請求書・会議資料・議事録などを作成することになるでしょう。

これらは、フォーマットが用意されているはずです。

そのため、用途に合わせて編集すればOKなので、問題はないと思います。

 
Wordの差し込み印刷機能を使うことも結構多いです。

もしかすると、聞いたことがない名称かもしれません^^;

 
例えば、同じ内容の文章の書類を複数の人に送りたいという場合があるとします。

ただし、一人一人宛先を編集するのは、時間がかかりますね…。

そんな場合に便利なのが、差し込み印刷機能。

 
Excelの表に入力した会社名・名前などの情報をWordに反映させることができるのです!

つまり、作業効率が圧倒的に早くなる機能ということ。

 
差し込み印刷機能は、何も書類だけで使える機能ではありません。

はがきや封筒への宛名などにも応用できます。

事務作業では必須のスキルと言えるでしょう!

 
ここまで派遣事務の仕事内容を中心にお伝えしてきました。

一般事務・OA事務の仕事によって、実際にどんなことを感じたか気になりますよね。

 
良い部分は認知されやすいですが、悪い部分はなかなか表に出てきません^^;

そこで、派遣事務を経験して良かった部分・嫌だった部分をご紹介します!

スポンサーリンク

派遣事務の嫌な部分・良い部分

この見出しでは派遣事務を経験して、良かった部分・嫌だった部分のリアルをお伝えしていきます。

まずは嫌だった部分から。

派遣事務で嫌だったこと

仕事の範囲が広すぎたことによって、手に負えない経験がありました。

事務の仕事の範囲は、派遣先企業の規模や部署によって異なりますので、事前に確認しておくことをオススメします。

 
私の経験では下記のような傾向がありました。

 
小規模な会社だと、業務の境い目がない場合が多いです。

様々な担当者から、別々に依頼が来ます。

依頼が重なると、「一気にパンク寸前!」なんてことも経験済みです^^;

 
大規模な会社の場合だと、部署内のアシスタント業務が中心になることが多かったです。

人数が多いため、確認や許可を取って仕事をしなければならない状況が多いです。

自分のペースで仕事がしにくいな…」と思うことがありました^^;

 
そして、意外かもしれませんが、結構力仕事が多いです。

発送物を持って運ぶのが、派遣事務の仕事になっていることが割とあります。

持病などで重い物が持てない場合は、事前に派遣会社に伝えておくことをオススメします。

 
続いて良かったことをご紹介しますね。
 

派遣事務で良かったこと

派遣事務の良い部分としては、圧倒的に募集が多いこと。

初心者歓迎の募集も多いので、取り組みやすい職種と言えるでしょう。

 
慣れてくれば自分のペースで仕事を進めやすいです。

最近は時短勤務も増えているので、子育てをしている方にもオススメできます。

一般事務・OA事務であれば、残業なしの場合が多いので、「長時間の勤務は避けたい…」という方にも適していると言えるでしょう。

 
PCスキルによっては、高時給も狙えます!

他の人が中々できないスキルを身につけていくことをオススメします。

そうすると、高時給でありながら、仕事探しに困る可能性が低くなりますよ^^

まとめ

派遣社員として派遣事務の仕事をする場合について、振り返っておきましょう。

<派遣事務のメリット・デメリット>

【メリット】
◎ 募集している企業が多いこと
◎ 自分のペースで仕事を進めやすいこと
◎ PCスキル次第で高時給を狙えること

【デメリット】
◎ 仕事の幅が広い場合が多いこと
◎ 力仕事がある場合が多いこと

 
派遣事務で代表的な職種が、一般事務OA事務

OA事務の方が、パソコンなどのOA機器の使用頻度が高い場合が多いです。

ですが、一般事務であってもPCスキルはある程度求められるので、違いはほとんどないと言ってよいでしょう。

 
派遣事務の仕事としては、電話応対・メール応対・来客応対・データ入力・ファイリング・備品管理などがあります。

仕事の内容や仕事の幅は、会社によって大きく異なるのが特徴。

 
派遣会社の担当者から仕事を紹介された時点、もしくは顔合わせの時点で具体的な仕事内容を確認しておくことをオススメします。

いざ働き始めて、思っていた仕事内容と違うとなっては大変なので^^;

 
派遣事務に限らずですが、どの仕事でも良い部分・悪い部分があります。

少しなりとも、「派遣事務の仕事を知ることができた!」という感想を持っていただけるとありがたいです。

あなたが「自分に向いていそう」と思えば、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク

本業×副業の二刀流スタイルで最強のリスクヘッジ確立法を公開

コロナ時代でも無敵に生きる『最先端二刀流ノウハウ』を一から伝授します!


※ 登録後につまらないと感じたらメール内で即配信停止できます
※ メールアドレスなどのプライバシー情報は厳重管理しています