特化型ブログの記事を作成する上で非常に大切なのがキーワード選定

キーワード選定のやり方が不適切だと、アクセスを集めるのが非常に困難になります。

 
例えば、

  • 検索サイト(Googleなど)で記事が上位表示されない
  • そのキーワード自体に需要がない
  • ライバルが強すぎる

などですね。

このような状況に陥れば、あなたのブログにはアクセスがほとんど集まりません^^;

 
アクセスが集まらないということは、収益につながらないということ。

読者があなたのブログ記事の中にある広告やリンクをクリックすることによって、収益が発生するわけなので。

的外れなキーワードを選択すれば、あなたが数十記事、数百記事・・と記事を積み重ねていっても、結果が出ないというわけです。

 
つまり、無駄な努力となってしまうということ。

そうならないために、特化型ブログでのキーワード選定は、どのような手順で行えばよいのでしょうか?

 
その答えは、適切な手順でキーワード選定を行うこと。

多くの人は機械的な工程のみをご紹介していますが、それだけではダメですよ〜

皆が同じことを考えるので^^;

 
ある程度頭を使うことも必要です。

その理由は、他者と差別化を図ってあなたのオリジナル性を出すため。

 
では、どのような手順でキーワード選定を行うべきなのでしょうか?

そこで今回お伝えするのが、特化型ブログにおけるキーワード選定の3ステップ

 
具体的なステップとしては・・・

  1. 狙いたいキーワードを選定する
  2. 選定したキーワードの需要をチェックする
  3. ライバルチェックをして書くかどうかの判断を下す

 
「キーワード選定って何?」という方から、「キーワード選定のスキルを上げたい」という方まで、幅広く参考になると思います。

機械的な手順だけでなく、このキーワードで攻めるべきかどうかのポイントもご紹介しますね!

 
まずは、1つ目のステップから見ていきましょう。

スポンサーリンク

狙いたいキーワードを選定する【ステップ①】

まずは狙いたいキーワードの選定からスタートです。

どうやってキーワードを探せばよいか、その探し方をお伝えしていきますね。

 
「goodkeyword」というキーワードチェックサイトを利用しましょう。
⇒ goodkeywordのサイト

 
あなたが狙っているテーマのキーワードで、複合キーワードをチェックしてくださいね。

複合キーワードとは、複数のキーワードを組み合わせて構成されたキーワードのこと。

例えば、「ブログ キーワード 探し方」のように、複数のキーワードの組み合わせた言葉です。

 
2語の複数キーワードであれば、ブログが育っていない状態で戦うには、正直厳しいです・・。

そのため、3語以上の複合キーワードで攻めるのが鉄則!

 
それでは、実例を交えて狙いたいキーワードの選定の仕方をお伝えしていきますね。

例えば、ランニングに関して記事を書こうと思っているとします。

 
まずはあなたが思い付く2語の複合キーワードを入れて、先程のツールで検索をかけましょう。

例として「ランニング 週一」のキーワードで検索をかけてみます。

そうすると、下記のように複数の候補が表示されます。


 
複数の候補が表示されるということは、一定の検索需要があるということ。

もしも候補がなければ、次のように表示されます。


 
需要がない(少ない)ということなので、別のキーワードに切り替えてくださいね。

 
先程、3語以上の複合キーワードを探すのが鉄則だとお伝えしました。

「ランニング 週一」のキーワードにこの鉄則を当てはめてみましょう。

検索をかけた場合、3語以上の複合キーワードとして、

  • ランニング 週一回 効果
  • ランニング 週一 効果
  • ランニング 週一回 30分
  • ランニング 週一 心肺機能
  • ランニング 週一 痩せる
  • ランニング 週一 体力

などがありますね。

 
今まで一定数これらのキーワードで検索をかけた人がいるということを意味します。

つまり、これらの複合キーワードが候補となるわけ。

 
ただし、これだけでは、まだ需要の推察がアバウトです。

本当に需要があるのかどうかを、さらに絞り込む必要があります。

 
選定したキーワードの需要をチェックするやり方について、ステップ②でお伝えしていきますね!

 

選定したキーワードの需要をチェックする【ステップ②】

選定したキーワードの需要を、より具体的にチェックしましょう。

 
まずは、キーワードプランナーのトップページに行きます。
⇒ キーワードプランナーのページ

※ アカウント登録がまだの方は、先に済ませておいてくださいね。

 
右側の「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックしてくださいね。


 
先程のgoodkeywordツールのサイトの右側にある下記の部分をコピーしましょう。

左クリックを押すと全て選択されるので、そのままコピーをします。

ここでは、3語以外の複合キーワードも表示されていますが、除外すると余計な時間がかかるので、全てコピーでOKです。


 
キーワードプランナーに戻り、下記の枠にコピーをしたものを貼り付けましょう。

そして、「開始する」をクリックしてくださいね。


 
「過去の指標」をクリックします。

続いて、月間平均検索ボリュームの部分をクリックし、需要の多い順に並べ替えましょう。


 
ここでチェックするのが、必ず月間平均検索ボリュームが出ていること。

「10〜100」「100〜10000」などですね。

「-」となっているキーワードは需要が多くないので、除外します。

 
先程コピーした候補キーワードのうち、3語以上の複合キーワードで月間平均検索ボリュームが出ているものは、

  • ランニング 週一 効果
  • ランニング 週一 痩せる

ですね。

これらのキーワードであれば、一定以上の検索需要があります。

 
「ランニング 週一」のように2語の方が検索ボリュームは多いですが、その分ライバルに勝つのは難しくなります。

まずは3語以上の複合キーワードで選定することがオススメです!

 
また、その際に競合性も合わせてチェックをしましょう。

「中」以上だとライバルが強いことを意味するので、「」になっていることもあわせて確認してくださいね。

 
ここまではツールでのチェックです。

ただし、ツールだけの機械的なチェックだけではなく、目視でのチェックが非常に大事。

最後に目視でのライバルチェックについて、お伝えしていきますね。

 

ライバルチェックをして書くかどうかの判断を下す【ステップ③】

需要があるからと判断して、そこでキーワード選定を終わらせないようにしてくださいね。

最後に重要なのがライバルサイトのチェック

 
いくら需要があるキーワードでもライバルサイトが強ければ、上位に表示されることは難しくなります。

上位に表示されなければ、サイトに訪問する人が少なくなります。

そのため、書いた記事のタイトルすら目に触れられないこともしばしば^^;

 
では、どのくらいの順位で上位に表示されることを目指すべきなのでしょうか?

その答えは・・・
最低でも5位以上

 
できれば1位を狙いたいですが、最低でも5位以上に入ることを目標にしてくださいね。

5位以下だと、アクセスが一気に減ってしまうので・・。

 
順位の見方としては、上から順番に数えていきましょう。

「ランニング 週一 効果」を検索すると、下記のように表示されました。


 
上位5位の記事までのサイトをチェックしましょう!

勝てると判断できれば記事を書き、勝てないと判断すれば引き下がってくださいね。

 
検索順位が決まる要素として、主に次の3つがあります。

  • サイトの権威性(信頼性)
  • 記事の内容(質の高さ+文字数の多さ)
  • キーワードと記事の内容がマッチしているか

 
権威性というとちょっと難しく感じてしまうかもしれません。

信頼性と置き換えると分かりやすいと思います^^

 
個人で作成したサイトと企業が作成したサイト、どちらの方が信頼性がありますか?

一般的に企業が作成したサイトの方ですよね。

 
つまり、企業系のサイトの方が権威性(信頼性)が高いということ。

グーグルは権威性が高いサイトを上位表示させやすい傾向があります。

そのため、お金をかけて作っているような企業系のサイトと勝負をすることは、避けるようにしましょうね。

 
また、2つ目の要素である記事の内容も非常に重要。

質が高く、文字数が多い記事の方が上位表示されやすい傾向があります。

 
上位5位までのサイトを開いて確認を行いましょう。

あなたの方がより内容の濃い記事かつ文字数が書ける自信があるかをチェックしてくださいね。

あなたの方が良質な記事を書けるということであれば、記事を書くことを検討しましょう!

 
3つ目の要素であるキーワードと記事の内容がマッチしているかも、検索順位に影響します。

キーワード(タイトル)とサイトの内容が違えば、検索順位が上に行きにくいです。

 
キーワードと内容が異なると、検索をかけた人はすぐにそのページから離れてしますよね?

知りたい情報を知ることができないわけなので^^;

1つ順位の下、2つ順位の下のサイトの方に移行してしまうでしょう。

 
Googleは読者がその記事をどのくらいの時間見ているかもチェックしているんですよ!

 
どのくらいの時間見ているかは、滞在時間という用語で表現されます。

滞在時間が長いサイトであるほど、上位に表示される傾向があります。

逆に、滞在時間が短いサイトであれば、読者の需要とマッチしていないとGoogleが判断するため、上位に表示されにくくなるのです。

 
滞在時間向上のためには、キーワードと記事内容がしっかりとマッチしていることが重要というわけ。

Googleの精度はあなたが思っている以上に高いので、侮らないようにしてくださいね!

 
以上を踏まえた上で、あなたはライバルサイトチェックをどのように行えばよいのでしょうか?

ライバルに勝てる可能性が高い判断材料が次の3つ。

  • 個人が運営しているブログ
  • 記事の内容が薄い(文字数が少ない)
  • 読者が検索して求めている情報が不足している

 
個人が運営しているブログであり、内容が薄いとかもっと知りたいことがあると判断できれば、記事作成に進みましょう。

つまり、あなたの作った記事の方が読者を満足させることができると思うかどうかが需要ということ。

 
もし選定したキーワードに自信がなければ、一旦考えた方がよいでしょう。

他のキーワードも探し、勝てると判断したキーワードの方が勝機が高いので^^

 
ちなみに、先程ご紹介した「ランニング 週一 効果」のキーワードだと、1位と2位は個人サイトです。(この記事を書いた時点で)

私的には、内容的にも深く掘り下げられていないと判断できるため、上位表示できる可能性はあると感じます。

実際に記事を書いてみる価値はありそうです!

 
キーワード選定を機械的に済ます人が多いですが、それだけだと的を外しやすくなります。

ライバルチェックを目視で行うことがとても大事。

多少面倒な作業でもここをきちんと行うことによって、上位表示の可能性を上げることが可能です。

 
記事を書いた後で後悔しないためにも、目視のライバルチェックをしっかりと行いましょうね!

 

まとめ

特化型ブログのキーワード選定について、振り返っておきましょう。

<キーワード選定の3ステップ>
① 狙いたいキーワードを選定する
② 選定したキーワードの需要をチェックする
③ ライバルチェックをして書くかどうかの判断を下す

 
今回はシンプルかつ精度の高いキーワード選定の方法をご紹介してきました。

手順を見なくてもできるように、お伝えしたキーワード選定コツを早めに掴んでおきましょう。

 
ツールを使って需要をチェックするところまでは、多くの人が行っています。

しかし、少数の人しかやらないのが目視のライバルサイトのチェック

これをやることによって、成果が出る可能性がグッと上がりますよ~

 
ここまでやっているのは少数派ですからね。

多くの人は、数値的な確認だけで済ます傾向にあるので。

目視で判断することによって、あなたが記事を書くかどうか高い精度で決めることができますよ!

 
ご紹介した手順でキーワード選定を行えば、極端な選択ミスということはないでしょう。

3つのステップを守って、外さないキーワード選定を行ってくださいね!

スポンサーリンク