アドセンス広告の効果的な配置場所はどこなのか、気になりませんか?

 
アドセンス広告を貼ってあるブログサイトを見ると、それぞれ広告の配置に違いがありますよね。

もちろん正解はないですが、ブログによっては「実にもったいないなぁ…」と思うことが結構あります^^;

さらには、このままの広告配置だと「グーグルアドセンスの規約的にマズいのでは…」ということも。

 
ただ何となくの感覚でアドセンス広告を配置するのはNG。

何故かというと、

  • グーグルアドセンスの規約に違反する可能性がある
  • 広告のクリック率が低くなる

といった理由があるからです。

 
クリック率が低いだけならまだしも、Googleの規約に違反すれば、広告がストップする可能性も・・。

そうなれば、あなたのアカウントが完全に停止することもあるので、絶対に注意が必要です!

 
では、アドセンス広告配置は、どのようにすべきなのでしょうか?

 
そこで今回お伝えするのが・・・
アドセンス広告の効果的レイアウト
 
以前であれば、基本的にPCでのアドセンス広告を意識すれば問題ありませんでした。

しかし、最近はPCよりもスマホ(もしくはタブレット)でブログを閲覧するユーザーの方が多いんです。

 
扱うジャンルにもよりますが、スマホ(タブレット含む)での閲覧率は60~80%と言われているほど。

そのため、スマホユーザーのことも意識しなければなりません。

そこで重要となるのが、アドセンス広告の配置のこと。

 
スマホとPCでは画面レイアウトが異なるので、スマホで見た時の場合も必ず意識するべきです。

そこで、PCとスマホの両方に対応でき、なおかつクリック率の向上も見込める最適なレイアウトをご紹介しますね!

 
まずは、クリック率の向上に効果的な広告の配置について、見ていきましょう。

スポンサーリンク

クリック率を上げるアドセンス広告の配置とは?【PC&スマホ】

アドセンス広告のクリック率を上げるには、どのような配置がよいのでしょうか?

どんな配置が良いか、私自身度々の検証を重ねてきました!

 
そこで最も結果が良かった配置が・・・

  • 記事タイトル直下
  • 各見出しの前
  • 記事の最後

この配置でアドセンス広告を貼ると、クリック率が高く、収益が発生しやすいです!

 
配置に加えて、頭に入れておきたいことがあります。

それが、PCとスマホの場合では、サイトの画面レイアウトに違いが生じること。

そのため、それぞれの場合の具体的なレイアウトをお伝えしていきますね。
 

PCの場合

PCの場合だと、下記のような配置がベスト。

各記事内に複数の広告を配置しましょう。


 
中にはサイドバーに広告を貼っている人もいますが、実はクリック率が悪いんです。

アドセンス広告を多く掲載し過ぎると、Google側からの評価はマイナスになります。

そのため、サイドバーでアドセンス広告を余分に使わないようにしてくださいね。

 
サイドバーを推奨しない理由は、もう一つあるんです。

それには、スマホでの表示が関係します。

 
理由については、スマホの場合のレイアウトでお伝えしますね。
 

スマホの場合

スマホの場合だと、下記のような配置がベスト。


 
スマホの場合、横幅の関係でサイドバーが横に表示されません

サイドバーは記事文よりも下に表示されます。

 
スマホでサイドバーにアドセンス広告を貼るとすれば、クリック率は非常に悪くなるんですね。

なぜだと思いますか?

 
それは、記事本文のさらに下までスクロールしなければ、表示されない広告だから。

記事の本文を読み終わったらサイトから離れる読者が大半です。

そのため、記事本文を読んでなおかつ、その下まで目を通してもらうことは中々難しいもの。

 
以上のことから、サイドバーにアドセンス広告は貼らないようご注意ください。

 
ここまでPCとスマホでの広告レイアウトについてお伝えしてきました。

ただし、広告を設置する際には、細かい部分にも意識を払わなくてはなりません。

 
収益に関わる部分なので、次の事項も把握しておきましょう。

意識すべき3つのポイントについて、次の見出しでお伝えしていきますね。

 

アドセンスの広告配置で意識すべき3つのポイント

アドセンスの広告配置では、どんなことを意識すべきなのでしょうか?

特に意識すべきことが次の3つ。

 
それが・・・

  1. 広告の形状をレクタングルにする
  2. 見出しの直下には広告を貼らない
  3. 文字数と広告との割合を考えること

 
それぞれについて、詳しくお伝えしていきますね!
 

① 広告の形状をレクタングルにする

聞き慣れないレクタングルという言葉。

「レクタングルって何?」って思いますよね^^;

 
レクタングルとは正方形に近い長方形を意味する言葉。

こんな広告を見たことはありませんか?


 
正方形に近い形状ですよね。

レクタングル形式が最もクリック率が高い広告の形状なんです!

さらに、広告の種類が豊富なのも大きな特徴。

 
そのため、レクタングルの形状で広告を配置するようにしましょう。

 
広告の中には縦長広告や横長広告もあります。

これらはスマホで見た時だと、横長(縦長)になったり、画面からはみ出してしまうことが大きなデメリット…

 
簡単に言えば、見にくくウザい広告というわけ^^;

多少ならばいいですが、頻繁にこれらの広告が表示されると、読者に嫌がられるわけです。

つまり、読者離れが起きてしまうということ。

 
そうならないよう、広告の表示はレクタングルを使用してくださいね。

 
レクタングルの広告を表示させるやり方をご紹介しますね。

グーグルアドセンスにて、広告コードを確認しましょう。

【やり方】

赤丸の「auto」の部分を「rectangle」に変更してくださいね。

上記の変更を行うことによって、レクタングル形式が最優先で表示されるようになります。

 

② 見出しの直下には広告を貼らない

見出しの直下に広告を貼るべきでないのは、クリック率の問題ではありません。

Googleのポリシーとして掲載されている内容です。

 
つまり、違反をすると、あなたの広告掲載が停止されるというわけ。

もしかすると、一時停止ではなく、二度と掲載できなくなる可能性も…。

知りませんでしたでは済まされないので、しっかりと頭に入れておいてくださいね!
⇒ GoogleAdSenseポリシーのサイトへ飛びます

 
また、見出しの直下に広告掲載をするのは避けましょう!

「サイトの見出しが不適切な広告ラベルと見なされる可能性があるため」とGoogleポリシーで述べられています。

要するに、広告のクリックを誘導する可能性があるから、ダメだと言うこと。

 
上記の理由から、広告は見出しの下ではなく、見出しの上に掲載するようにしましょう。

下記のようにアドセンス広告を貼ってくださいね。


 
ここで、「記事タイトル直下にアドセンス広告を貼るのも違反じゃないの?」と疑問に思った方は鋭いです!

 
タイトル下の広告に関しては、グーグルアドセンスのポリシーとして禁止されていないんですね。

そのため、広告を掲載してOKというわけ。

しかも、タイトル下はクリック率が高いので、収益を得るには絶好のポイントなんです。

 
ただし、

  • 広告をクリックして〜
  • 下記をチェックして〜

といった文言で、アドセンス広告のクリックを誘導するのはNG。

 
アドセンス広告のクリックを誘導しないことを前提にして、広告を掲載してくださいね!
 

③ 文字数と広告との割合を考えること

以前は、アドセンスの広告数が「1ページにつき3個まで」と決められていました。

現在は1ページ何個までという決まりはありません。

 
それじゃあ「たくさんの広告を掲載した方が収益が上がるのでは!」と思いましたか?

その答えはNO!

 
アドセンスのポリシーでは、下記のような注意書きがされています。

広告や有料の宣伝用資料は、配信するページのコンテンツよりも多くならないようにします。また、コンテンツは、ページを訪れるユーザーの関心に合った、価値ある情報を提供するものでなければなりません。そのため、ユーザーにとって価値がほとんどないページでの広告配信と広告の過度な表示は、修正が行われるまで制限または無効にされる場合があります。

簡単にまとめると、広告を多く貼りすぎると掲載を停止しますよということ。

つまり、記事の情報をメインにしなければなりません。

 
では、文字数と広告との割合は、具体的にどのくらいにすべきなのでしょうか?

その目安が・・・
約600文字でアドセンス広告1つ
 
つまり、1つの記事に広告を3つ掲載したいなら1800文字、4つ掲載したいなら2400文字といった具合です。

明確な決まりはありませんが、このくらいの割合であれば、不要に広告を止められることはないでしょう。

あくまで広告掲載の可否の判断はGoogle側ですので、明確な基準は公表されていません。

 
ちなみに、広告を掲載しすぎるデメリットは、それだけではないんです。

文字数に対して広告が多い記事は、サイトが上位表示されにくくなります。

広告の割合が多いとGoogleに判断され、評価がマイナスとなるのです。

 
収益を増やしたい気持ちは分かりますが、むやみに貼りすぎないようにすること。

もしも広告を多く掲載したいのであれば、文字数を多く書くようにしてくださいね。

 
以上3つの意識すべきポイントをご紹介してきました。

適切かつクリック率を向上させることのできる配置で、収益を重ねていきましょう!

 

まとめ

アドセンスの広告配置で意識すべきポイントについて、振り返っておきましょう。

<アドセンス広告の配置で効果的なレイアウト>
◎ 記事タイトル直下
◎ 各見出しの前
◎ 記事の最後

 
アドセンス広告を配置する際には、PCレイアウトだけの意識ではダメです。

それは、スマホ(タブレット)でサイトを閲覧する人が最近は非常に多いから。

ジャンルにもよりますが、半数以上の読者はスマホかタブレットなんです。

 
スマホなどで見た時に、

  • 広告がはみ出している
  • 広告のサイズが極端に小さい(大きい)

などがあれば、読者は違和感を感じてしまいます。

クリックされないばかりか、ページを閉じられる可能性すらあるでしょう。

 
そのため、スマホやタブレットでも違和感なく表示されるアドセンス広告にしてくださいね。

広告の配置のレイアウトを意識し、高いクリック率を確保していきましょう!

スポンサーリンク