一刻も早く確実に会社を退職したいという方は、ご利用くださいませ↓



看護師で今の職場を辞めたいけど、退職したいと言いにくい…

こんな悩みを持ってはいないでしょうか?

一刻も早く今の医療機関を離れたいと思っていても、

  • 人手不足の職場のため、退職を切り出すのが怖い…
  • 退職を切り出したら、険悪な雰囲気になりそう…

いったことがネックになりますよね。
 
かといってあなた自身が行動を起こさなければ、残念ながら状況は変わらないでしょう。

 
そんな看護師退職言いにくい状況でも、嫌な思いをせずに退職できる方法があるんです!

それはどういった方法なのでしょうか?

 
ストレスフリーで今の医療機関を退職できる方法について、詳しく見ていきましょう!

スポンサーリンク

看護師を即日で退職できる方法とは?

嫌な思いをせずに看護師を即日退職できるのは、どういった方法なのでしょうか?

それが・・・
退職代行サービスの活用
 
退職代行サービスとは、本人の代わりに退職の意思を伝えてくれる&退職の手続きをしてくれるサービスです。

 
「看護師として今の職場を辞めたいけど、怖くて退職を切り出せない…」という思いを抱えている方は、結構多くいます。

特に看護師は女性中心の職場であるため、退職を切り出しにくい職種なんですよね(^^;)

 
退職を切り出したら、周囲の看護師から冷たくされてしまい、退職するまで耐え続ける状況になるかもしれません…

もしくは、看護師長(部長)と険悪な状況になったりすることも…

 
ですが、退職代行サービスを活用すれば、そんな状況にならず確実に辞めることができます!

たとえ、辞めにくい職場でもスムーズに退職が可能なんです。

 
ちなみに、通常の方法で退職をする場合は、どんな流れになるのかも把握しておきましょう。

次の見出しでお伝えしていきますね。
 

通常の方法で退職するとどうなる?

看護師が通常の方法で退職する場合、下記のような流れになります。

<看護師が退職するまでの流れ>

  1. 直属の上司(看護師長・部長)に退職の旨を伝える
  2. 了承を得た後、退職日を決定する
  3. 退職届を提出する
  4. 仕事の引き継ぎを行う
  5. 退職

 

退職を申し出た際に、すんなりと退職を認めてくれる上司であればよいですが、そうはいかないケースも多いもの。

看護師長(部長)から次のように言われる可能性があります。

  • このタイミングで辞めたいなんてあり得ない!
  • 周りの人たちを見捨てる気なの?
  • 人手不足の状況で辞めるなんて、無責任すぎない?

 
特に人手不足なんて、あなたの責任ではないはずなんですけどね(^^;)

仮に退職が認められたとしても、さらに懸念事項は残ります。

 
例えば、

  • 看護師長(部長)からの対応が冷たくなる
  • 同僚から嫌味を言われる
  • 退社までの期間の出勤が苦痛になる

などを我慢しなければならない可能性があります。

 
ちなみに退職代行サービスを利用すれば、そういった嫌な思いを一切せずに済みます!

その理由は、あなたが退職を切り出す必要も今後出勤する必要もなくなるからです。

 
退職代行サービスを利用した場合の流れが下記です。

<退職代行サービス利用時の流れ>

  1. 退職代行サービス会社に連絡をする
  2. 退職時期や流れについて打ち合わせをする
  3. あなたに代わって退職手続きの対応を行ってくれる
  4. 退職が成立する

 

退職代行サービスの会社に相談した後は、あなたが行うことは特にありません

退職を切り出す不安や冷たくされる不安もないわけです。

なかなか優れたサービスですよね!

 
ちなみに、退職代行サービスにはどんなメリットおよびデメリットがあるのでしょうか?

次の見出しで見ていきましょう。

スポンサーリンク

退職代行を利用するメリット・デメリット

退職代行を利用するメリット・デメリットについて、把握しておきましょう。

主なメリットおよびデメリットが下記です。

退職代行を利用するメリット
・確実に辞めることができる
・自分から退職を切り出す必要がない
・引き止めにあわない
・周囲から嫌味を言われることがない
・心身の負担なく辞めることができる

 
続いてはデメリットについてです。

退職代行を利用するデメリット
・費用がかかる
・お金を払った後で担当者の対応が変わる不安要素がある
・悪質な退職代行サービス会社に依頼すると、多くの費用がかさむ
・退職後に元上司(看護師長・部長)や同僚との人間関係が築きにくくなる
・退職代行に対する理解を得られにくい

 
退職代行を利用すれば、二度と上司に会うことなく会社を退職できます。

退職を切り出す怖さがなく、退職するまでの嫌な期間を過ごさずに済むのが大きなメリット。

 
とはいえ、退職代行を利用すると、挨拶なしで退職することになります。

そのため、元上司や同僚との人間関係の構築は難しくなる可能性が高いでしょう。

 
また、退職代行を利用して

  • 本当に退職できるのか?
  • 退職代行会社にお金を払った後で対応が悪くなるのが怖い…

といった不安がありますよね。

 
そこで、そんな不安要素がない退職代行サービス会社を利用することが重要。

最後にどこの退職代行サービスを利用すべきかについて、把握しておきましょう。
 

退職代行を利用する場合はどこがいい?

退職代行を利用する場合、どこの会社に依頼するのがベストでしょうか?

実績豊富で信頼性の高いのが・・・
退職代行ガーディアン
 
退職代行サービスは一般法人(株式会社・合同会社・弁護士監修など)の運営が大半です。

ですが、一般法人は違法な行為(弁護士法72条で代理交渉は弁護士法違反)であるため、トラブルの元になります。

 
退職代行ガーディアンは、東京労働経済組合という労働組合が運営しています。

そのため、合法的に退職代行サービスを行えることが大きな特徴。

 
一般法人と同水準の価格で、合法的かつ弁護士事務所級のサービスを受けることが出来ます。

ちなみに退職実績は100%

また、追加料金の発生が一切ないため、安心して依頼することが可能です!

 
退職でお悩みの看護師さんは、まずは無料LINEで相談をしてみてくださいね
⇒ 会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

 

まとめ

看護師で退職を言いにくい場合の対処法について、振り返っておきましょう。

<今の職場をストレスフリーで辞める方法>
退職代行サービスの活用

 
看護師は女性中心の職場であるため、退職を切り出しにくい職種です。

退職を切り出したら、看護師長(部長)から怒られたり、周囲の看護師から冷たくされるリスクがあります。

もしくは、猛烈な引き留めにあう可能性も…

 
そんな嫌な思いをせずに退職できるのが退職代行サービスの活用

退職代行サービスを利用すれば、

  1. 退職代行サービス会社に連絡をする
  2. 退職時期や流れについて打ち合わせをする
  3. あなたに代わって退職手続きの対応を行ってくれる
  4. 退職が成立する

という流れで退職が可能なんです。

 
看護師長(部長)に直接退職を告げる必要もなく、その日から出勤しなくてもよいので、ストレスフリーで退職が可能です。

看護師で退職を言いにくい状況の場合には、ぜひ退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか?
 

スポンサーリンク