外注ライターさんの記事作成スキルは、どうしたら上達するだろう?

 
外注ライターさんに記事作成を依頼すると、次のような悩みが出てくるはず。

具体的には、

  • こう書いてほしいんだよなぁ…
  • この表現は変えてほしいなぁ…
  • こちらが意図していることと違うんだよなぁ…

といったこと。

 
こういった状況が続くのは避けたいですよね^^;

そうなれば、外注ライターさんを教育して、レベルアップを図らなければなりません。

 
では、ブログ記事作成における外注ライターさんの教育は、どのようにすればよいでしょうか?

 
そこで今回お伝えするのが・・・
外注ライターさんの教育方法
 
ライターさんを上手く教育できれば、あなたの作業は一気に楽になります。

毎回良質な記事を提出してもらえるわけですから^^

 
それでは、どのように教育をしていけばよいかをお伝えしていきますね!

 

外注ライターさんをレベルアップさせる3つのポイントとは?

外注ライターさんの記事作成スキルを上げるには、どうしても教育が必要です。

外注ライターさんをレベルアップさせるには、どのような教育をすればよいでしょうか?

 
特に大事なのが次の3つのポイント。

それが・・

  1. 一度に多くの指摘をしない
  2. 指摘の仕方を考える
  3. 褒めることを忘れない

 
それぞれについて解説していきますね。
 

① 一度に多くの指摘をしない

外注ライターさんが、あなたの意向を完璧に汲み取ってくれることは、まずないでしょう。

何らかしら指摘をしたい事項が出てくるはず。

 
ただし、ここで気を付けてほしいことがあります。

どういったことでしょうか?

 
それが・・・
指摘一辺倒にしないこと
 
指摘した内容を一度で習得できるライターさんは、ほぼいません。

例えば、指摘した事項が5個・10個など多くあった場合、ライターさんは困惑してしまうでしょう。

やる気を無くしてしまう可能性も十分あり得ます。

 
そうならないよう、気になる点やあなたの要望を1記事あたり1~2個にしましょう。

ライターさんを困惑させないよう、一度に多くの指摘は避けてくださいね。

 
もちろん、あなたが「お金を払っているんだから」という気持ちは、僕も十分理解できます。

ですが、じっくりとやっていかないと、外注さんの心が折れてしまうので^^;

 
信頼関係の構築を意識して、相手の立場も考えた指摘をしましょう。
 

② 指摘の仕方を考える

外注ライターさんの記事内容に対して、指摘をしたい事項が多々あると思います。

その際には、伝え方の配慮が大事。

 
例えば、

  • 〜はダメですね
  • 〜の文章は意味不明です
  • 表現がおかしいです

のような直接的な指摘ばかりなのはオススメしません^^;

というのも、直接的な指摘ばかりでは、外注さんがどんどん自信を失ってしまいがちだからです。

 
そうではなく、アドバイス的な表現にすると、非常に柔らかくなります。

例えば、

  • 〜のようにすると、読者さんが読みやすいですよ
  • 〜な表現を使えば、さらに良くなりますよ
  • 「です、ます」以外の語尾も使うと、より親近感が湧くようになりますよ

 
といった表現です。

 
僕の経験上、直接的な指摘ではなくアドバイス的な表現を使う方が、記事の質は確実に良くなりました。

直接的に指摘をしたい気持ちは、僕も分かります。

ですが、その気持ちはグッとこらえて、柔らかい表現を用いるようにしましょう。
 

③ 褒めることを忘れない

契約をして間もない外注ライターさんの場合、イラッとくる記事内容の場合もあります。

でも、最初のうちは少し我慢しましょう^^;

 
イラッとくる記事内容でも、何らかしら良い部分があるはず。

良い部分を見つけて、最低一箇所は褒めるようにしてくださいね。

 
例えば・・・

  • 〜さんの意見が入っていてGOODですよ
  • 〜の言い回しがとてもいいですね
  • しっかりと調べて記事を書いてくれたことが伝わりました
  • ストレスを感じずに記事を読めましたよ

 
などです。

 
「褒める:指摘(アドバイス)」の割合は「7:3」「8:2」が理想的

最低でも「5:5」の割合にしたいです。

 
褒められると、誰しも嬉しいもの。

それは、ライターさんも同じです。

褒めて伸ばしていくこと意識して、教育していきましょう!

 
ちなみに、教育をしても成果が見られないライターさんもいます。

そんな場合にはどうすればよいのでしょうか?

 
次の見出しで解説していきますね。

 

教育しても成果が見られない場合は?

ご紹介した3つのポイントを押さえて教育をしても、成長しないライターさんも一定数います。

そんな場合には、

  • これからどう教育していこう…
  • 指摘(アドバイス)の仕方が悪いのかな…

などを考えてしまうでしょう。

どうするのが最善の選択なのでしょうか?

 
それは・・・
今回の契約で関係を終わりにする
 
契約の更新は避けるようにしましょう!

外注ライターさんは、他にも多く存在するので。

 
成長が見られない人とやり取りをし続けるのは、あなたにとってストレスになるはずです。

また、無駄な時間を費やすことにもなります。

こちらは報酬を支払っているわけですからね。

 
教育しても成果が見られない状況には、様々な要因があると思います。

例えば、

  • 相性が合わない
  • 指摘やアドバイスを反映してくれない
  • 外注さんが自分のやり方にこだわる

などなど。
 
要因が何であれ、再契約はオススメしません。

次も契約してしまうと、同じことに悩まされ続けることでしょう。

 
今契約しているライターさんはスパッと諦め、再度外注ライターさんを募集することに力を注いでいきましょう!

 

まとめ

外注ライターさん教育方法について、振り返っておきましょう。

<ライターさんを教育する際に大事な3つのポイント>
① 一度に多くの指摘をしない
② 指摘の仕方を考える
③ 褒めることを忘れない

 
最初から記事内容の修正が不要なライターさんは、まずいないと認識しておきましょう。

そのため、外注ライターさんを教育するのは必須のこと。

 
多くの人がやりがちなのが、指摘だけを行ってしまうことです。

指摘ばかりをし続けると、外注ライターさんとの信頼関係の構築が困難になります。

つまり、長期的な契約が難しくなることを意味します。

 
そうならないためには、上記の3つのポイントを意識することが大事。

特に、アドバイス的な表現と褒めることを忘れないようにしてくださいね!

このことを知っているか知らないかでは、今後のライターさんのレベルアップに大きな差が出るので。

 
外注ライターさんの教育をしっかりと行い、確実なレベルアップを図っていきましょう!

スポンサーリンク