ワードプレスで文章を書く時には、文字の大きさを変えたり色をつけたりしますよね。

ただし、これらの作業に時間をかけては、作業効率がもの凄く悪いです。

 
そんな手間を解消してくれるのが、「TinyMCE Advanced」というプラグイン。

便利なツールバーを表示させることができるので、より簡単にワードプレスで記事を書くことができます。

つまり、圧倒的にブログ記事作成の効率が良くなるということ。

 
そこで今回は、TinyMCE Advancedの設定方法と使い方についてお伝えしていきます!
 

TinyMCE Advancedの設定方法

TinyMCE Advancedの設定変更を行えば、ツールバーをカスタマイズできます。

アイコンを増やしたり、並べ替えたりできるので、あなた好みにカスタマイズしましょう。

 
インストールを行ったら、画面左側の「設定」メニューの中にある「TinyMCE Advanced」をクリックします。


 
エディター設定の「Block Editor(Gutenberg)」で下にスクロールしていきます。

「Enable the editor menu(recommended)」の箇所にチェックが入っていることを確認してください。

日本語に訳すと、「エディタメニューを有効にします(推奨)」という内容です。

 
少し下にスクロールすると、「Unused Buttons for ~」という項目があります。

これは現在使用していない項目です。

この中からツールバー上に表示させたいボタンをドラッグ&ドロップで上のエリアへ移動します。

 
例えば、「下線」のボタンを移動させてみます。


 
ツールバーに「下線」のボタンが追加されました。


 
設定を変更した場合には、画面上もしくは下の「変更を保存」をクリックします。


 
これでツールバー上に「下線」ボタンが表示されるようになりました。

あなたが追加したい項目があれば、同じ手順で追加していきましょう!

 
続いてTinyMCE Advancedの使い方を説明していきます。
 

TinyMCE Advancedの使い方

記事の作成画面を表示します。


 
「ブロックの追加」⇒「クラシック」をクリックします。


 
もし、「クラシック」が見つからない場合には、「フォーマット」から選択してください。


 
すると、テキスト上部にツールバーが表示されます。

 
例えば、「プラグイン」という文字に下線を入れるとします。

その場合には、該当する文字を選択して、下線ボタンを押します。


 
フォントサイズを変更するボタンを設定しておけば、文字を大きくすることもできます。


 
また、ツールバーの上部の部分でも文字の編集などができますよ。

使いやすい方で使用してくださいね。


 
あなた好みのカスタマイズを行って、記事作成の効率を上げていきましょう!
 

まとめ

TinyMCE Advancedの設定方法と使い方について説明してきました。

このプラグインを導入することによって、余計な手間を省くことができます。

あなた好みのカスタマイズを行って、記事作成の効率を向上させていきましょう!

スポンサーリンク