ブログにアドセンス広告を掲載する際、一つ一つに広告コードを貼っていくのは非常に大変な作業。

また、もしも後で修正したい場合が出てくれば、全記事で個別の修正が必要になります。

あまりに手間がかかるんです…

 
そんな手間を解決してくれるのが、WP QUADSというプラグイン。

WP QUADSを使用することによって、

  • 全ての記事の広告を管理できる
  • 広告を入れる・外すが簡単にできる

ようになります。

非常に便利なプラグインなので、ぜひ活用しましょう!

 
まずは、WP QUADSに広告コードを登録する方法から解説していきますね。
 

WP QUADSに広告コードを登録する方法

「AdSense Plugin WP QUADS」をインストールした後に、プラグイン一覧から「AdSense Integration WP QUADS」の「General Settings」をクリックします。


 
有料版を案内してきますが、無料版で十分なので「Skip Go to Settings」をクリックします。


 
「ADS」のタブを選択した後、「Open All Ads」をクリックします。


 
下記の画面にて、各項目の設定を行います。

 

① 「Plain Text / HTML /JS」を選択します。
② あなたのアドセンス広告コードを貼り付けます。
③ 広告の表示位置を指定できます。中央にするのが一般的です。

 
「変更の保存」をクリックします。

 
あとは「Ad2」「Ad3」・・・も同様の手順で進めていきます。

必要な分を設定していきましょう。

 
ちなみに、僕は7つ設定しています!

設定しても使わない分には全く問題がないので、使用する可能性がある分を設定しておきましょう。
 

WP QUADで広告を表示させる方法

広告を表示させる方法は、2通りあります。

具体的には・・・

  • 手動で広告を挿入する方法
  • 自動的に広告を挿入する方法

それぞれについて解説していきますね。
 

手動で広告を挿入する方法

先程入力したアドセンス広告コードの箇所の下にある「Post Shortcode」の[quads id=1]をコピーします。


 
次にアドセンス広告を貼る投稿記事に移ります。

広告を貼りたい場所に、貼り付けます。


 
プレビューを見ると、下記のようにアドセンス広告が表示されます。


 

自動的に広告を挿入する方法

「GENERAL & POSTION」のタブを選択します。(①)

「Position」の項目で、どこに自動で広告を表示させるかを選択することができます。

表示させたい箇所に「チェック」を入れて(②)、どの広告タグ(Ad1、Ad2など)を使用するかを選択(③)します。

 
ちなみに、僕が設定しているのは、「End of Posts(記事の一番下)」のみです。

「Beginning of Posts(記事の一番上)」と「Middle of Posts(記事の真ん中あたり)は使い勝手が悪いので、利用していません^^;

他は全て手動の方法で対応していますよ。

 
少し下にスクロールすると、どのページに広告を表示させるか選択できます。

基本的には「Visibility」は「Homepage」にチェック、「Post Types」は「Post」でOKです。

最後に「変更の保存」をクリックします。
 

もしアドセンス広告が表示されない時には

WP QUADSで設定したにもかかわらず、アドセンス広告が表示されない場合は、次の項目を確認してくださいね。

【7つの確認ポイント】

  1. アドセンス広告コードが全て正しくコピーされているかを確認しましょう。
  2. ワードプレスの管理画面から一旦ログアウトして確認してみましょう。テーマによっては、ログイン状態で広告が非表示になる場合があります。
  3. グーグルアドセンスで広告ユニットを新しく作成した直後は、広告が表示されません。数時間経ってから再度確認しましょう。
  4. アドセンス広告を貼った後に、「編集」や「プレビュー」を何回も繰り返すと、広告が表示されなくなることがあります。少し時間を空けてから再度確認しましょう。
  5. ブラウザのキャッシュと Cookie を削除してブラウザを一旦閉じた後、再度確認しましょう。
  6. ファイアウォールや広告ブロックソフトの設定を確認しましょう。ブロックの設定がされている場合は、無効化してください。
  7. 一度テストで記事を投稿し、他の端末で表示されるかを確認してみましょう。

 

まとめ

WP QUADSを活用することによって、広告の管理が非常に楽になります。

広告の一括管理ができるので、後で広告を変更したり、消したりする場合には、WP QUADSを変更するだけで対処が可能です。

 
設定画面は英語ですが、上記の手順に沿って行えば、それほど悩まずに設定ができると思います。

とても便利なプラグインなので、ぜひ活用していきましょう!

スポンサーリンク