スポンサーリンク


派遣の仕事が決まらない30代には、どんな原因があるのだろう?

 
なかなか仕事が決まらないときは、焦りが強くなっていきますよね。

30代といえば、基本的なビジネスマナーは一通り身につけて、バリバリ働く年代。

もし30代で顔合わせに受からない状態が続いているのであれば、何かしらの原因があります。

 
その原因はあなた自身にあるかもしれませんし、もしかしたら派遣会社側にあるかもしれません。

派遣決まらない30代には、どんな原因が考えられるのでしょうか?

そこで今回お伝えするのが・・・
派遣の仕事が決まらない主な5つの原因

あなたがどんな原因で仕事が決まらないのかを把握することが大切。

どんな原因かを把握できれば、対策を練る事で現状からの脱却に近づくことができるはずです!

 
本記事では30代で派遣の仕事が決まらない人のために、考えられる原因と対策をご紹介します。

仕事が決まらない(受からない)状態を脱したいと思っている方は、ぜひ目を通してくださいね。

 
まずは、あなた自身に原因がある場合から見ていきましょう。

スポンサーリンク

あなたに原因があって派遣先が決まらない場合

何件も応募しているのに派遣先が決まらないのであれば、あなた自身に何かしら問題がある可能性があります。

このような場合には、どのような原因が考えられるのでしょうか?

 
主な原因が次の3つ。

それが・・・

  • 派遣先が求めるスキルとマッチしていない
  • 若い人を求めている案件に応募している
  • 求めている条件が高い

それぞれについて見ていきましょう。
 

派遣先が求めるスキルとマッチしていない

あなた自身は素晴らしいスキルを持っているかもしれません。

ですが、派遣先がそのスキルを求めているとは限らないのです。

 
例えば、英語がペラペラでいくつも資格を持っている人がいるとします。

その人が仮にトラックの運送業に応募しても、そのスキルが活かせる場面はほとんどありませんよね。

英語の資格よりも、大型免許や長距離運転の経験者を優先して採用するはず。

 
あなたのスキルが応募している会社で本当に役に立つのか、再度考えてみましょう。
 

若い人を求めている案件に応募している

世間一般では、30代でも十分若いです。

しかし、会社によっては、さらに若い20代の人を欲しいと思っていることも多いもの。

 
その場合には、採用されるための優先事項が年齢になります。

あなたがどんなにすばらしい能力を持っていても、選考に受からないでしょう。

 
残念ながら、年齢はどうやっても変えることはできません。

そのため、募集要件や企業の特徴を自分で確認したり、派遣会社の担当者に聞いて確認しておきましょう。

若い人にこだわらない案件に応募することを意識してくださいね!
 

求めている条件が高い

働く以上は、誰もがより良い条件で働きたいと思いますよね。

ですが、仕事内容やあなたの能力に見合わない待遇を求めるのは、高望みしすぎと言えます。

 
ましてや条件がよい案件は、必然的に応募者が多い場合が多いです。

つまり、ライバルが多くいるということ。

そうすると、選考に落ちる可能性が高くなってしまいます。

 
妥協できる部分は妥協し、身の丈に合った仕事を探していきましょう!

 
上記で紹介したことに該当しないにも関わらず、選考に受からないということもあります。

その場合、登録している派遣会社に問題がある可能性も…。

 
続いて、派遣会社に原因がある場合を見ていきましょう。

スポンサーリンク

派遣会社に原因があって派遣先が決まらない場合

派遣先が決まらない理由は、必ずしも自分だけに原因があるとは限りません。

そう、派遣会社に問題がある可能性もあります。

 
派遣会社に問題がある場合には、どんな原因が考えられるのでしょうか?

主な原因が次の2つ。

 
それが・・・

  • 営業担当者の質がよくない
  • 案件の数が少ない

それぞれについて見ていきましょう。
 

営業担当者の質がよくない

営業担当者には、どうしても質の良し悪しがあります。

例えば、

  • 不親切
  • 要領が悪い
  • 大雑把
  • 怒りっぽい
  • 態度が大きい

といったような人もいるでしょう。
 
たとえあなた自身がいくら優れた人間だとしても、上記のような要素のある営業担当者であることも。

そうすると、あなたと相性が悪かったり、派遣先へのアプローチを上手くしてくれない可能性があります。
 

案件の数が少ない

派遣会社によって抱えている案件の数はまちまちです。

 
もしも、案件の数が少なければ、選択肢が減ることになります。

選び好みができないわけですからね^^;

つまり、案件数が多い派遣会社と比べて、仕事が決まるまでに時間がかかる可能性が高いというわけ。

 
また、全体的な案件数は多くても、あなたの希望する案件数が少ない可能性もあります。

そのため、もし案件の数が多いからといっても、油断は禁物ですよ!

 
ここまで派遣の仕事が決まらない(受からない)原因5つについて、お伝えしてきました。

当てはまっている原因はありましたか?

 
次はこれらの原因を消し去ることを考えましょう!

最後に、内定の獲得につなげる対策法についてお伝えしていきますね。

スポンサーリンク

内定を引き寄せるための対策

当てはまる原因を判別したら、その原因に応じた対策を実行していきましょう。

自分自身に原因がある場合と派遣会社に原因がある場合、それぞれについてお伝えしていきますね。
 

自分自身に原因がある場合

自分自身に問題がある場合は、問題解消の見込みがあります。

なぜならば、あなた次第で行動や考え方を変えることができるから。

 
条件を高望みしすぎているのであれば、まずはあなたが絶対に譲れない条件を明確にしておきましょう。

優先順位を付けた上で、妥協点を出すようにしてくださいね。

 
派遣先が若い人を求めていたり、あなたのスキルが合ってない場合もあるでしょう。

その場合には、派遣先がどんな人を求めているのかを把握することが大切。

その上で、あなたが興味のある案件を選択してくださいね!

 
自身の問題が分からないのであれば、派遣会社の担当者に相談することがオススメ。

問題点の発見につながるので、ぜひ活用してみましょう。
 

派遣会社に問題があると感じている場合

派遣会社に問題がある場合は、問題解消は難しいでしょう。

なぜならば、あなた自身ではコントロールが困難なことだから。

 
派遣会社に原因があるのであれば、手っ取り早い対策は一つ。

それが、派遣会社を変えること。

 
派遣会社は一社だけではありません。

むしろ全国に何百社、個人単位でやっているところも含めると、さらに存在するでしょう。

 
そのため、他の派遣会社へ登録することをオススメします。

合わなければ、登録だけしておいて後は放置でも問題ありません。

あなたに合いそうな派遣会社だけ、利用すればいいので^^

 
仕事がなかなか決まらない状態でも、派遣会社を変えればあなたに合った仕事が見つかるかもしれません。

派遣会社を変えることにペナルティなどは一切ありませんので、思い切って他の会社を利用してみましょう!

スポンサーリンク

まとめ

30代で派遣の仕事が決まらない原因について、振り返っておきましょう。

<30代で派遣の仕事が決まらない原因>

【あなたに原因がある場合】
① 派遣先が求めるスキルとマッチしていない
② 若い人を求めている案件に応募している
③ 求めている条件が高い

 
【派遣会社に原因がある場合】
① 営業担当者の質が悪い
② 案件の数が少ない

 
あなたに原因がある場合は、問題を解消できる見込みがあります。

どこが悪いのかを把握し、改善を目指しましょう!

 
もしかすると、自分のどこが悪いのか気付けない場合もあると思います。

そんな場合には、派遣会社の担当者に相談するのがオススメ。

普段から様々な派遣社員と接しているので、アドバイスをもらえるでしょう。

 
また、派遣会社に問題があって、仕事に受からない場合もあります。

その場合には、あなた自身では原因を解消できない可能性が高いです。

別の派遣会社の利用を考えましょう!

 
30代はまだまだ働き盛りであるため、あなたに特別な事情がない限り、全く仕事が決まらないということはそうありません。

大切なのは、仕事が決まらない原因が内にあるのか外にあるのか見極めること。

 
今回紹介した内容を参考に、なぜ仕事が決まらないのか考え、対策を実行していきましょう!

スポンサーリンク