作業が長続きしない・・・

あなたはそんな悩みを抱えてはいませんか?

 
継続すべきなのは分かっていても、いつの間にかフェードアウトしてしまう場合は結構多いです。

もしかすると、「継続力は熱意や個人の力量の違いだ」と考えるかもしれません。

ですが、それ以前に重要な要素があるのです!

 
そこで今回は、作業を継続的に続けるために、どんな要素が本当に必要なのかを紹介します。

もしあなたが、

  • 物事が長続きしない…
  • 続けたいと思っても、いつの間にかやめている…
  • 次は絶対に挫折したくない!

といったことに当てはまるのであれば、ぜひ目を通してくださいね。

ちょっとしたコツや考え方で、今より長く作業を継続できるようになりますよ!

 
それではまず、作業を継続するために最も必要な要素について、お伝えしていきます。
 

作業を継続するために必要な要素とは?

作業を継続できないのは、何もやる気や根性がないからではありません。

実は、作業を継続するために不可欠な要素があるのです。

どんな要素なのでしょうか?

 
それが・・・
習慣化
 
「気持ちや意志力の問題じゃないの?」と思う人もいるかもしれません^^;

ですが、実際に気持ちや意志力だけで作業を継続していける人は、ほとんどいないです。

 
もちろん、やる気や根性があれば、何も意識しないよりも作業継続の役には立ちます。

しかし、それでは長い期間継続することはできません。

なぜかというと、単純にその作業を辛いと思ったり面倒だと感じるから^^;

 
結局のところ、人は面倒なことや苦痛に感じることを、努力や根性だけで抑え込むには限界があります。

 
そこで大切なのが、作業を習慣化させること。

例えば、毎日している歯磨き。

毎日行うことにも関わらず、面倒だからと歯磨きをしない人はいませんよね?

 
それは歯磨きが習慣化されているので、面倒なことでも当たり前にこなせるようになっているからです。

同じように、今面倒に感じている作業も習慣化してしまえば、次第に面倒だという気持ちを抑えていくことができます。

 
とはいえ、習慣化は魔法のような方法ではありません。

習慣化を自分のものにするためには、工夫が必要です。

 
では、具体的にどんな工夫をすればよいのでしょうか?

次の見出しで見ていきましょう。
 

習慣化するにはどうすればいい?

習慣化の方法において、意識すべきことが2つあります。

どんなことを意識すればよいのでしょうか?

 
それが・・・

  1. 3週間(21日)継続すること
  2. 最初は徹底的にハードルを下げること

それぞれについて、解説していきますね。
 

3週間(21日)継続すること

諸説ありますが、一般的に習慣化に必要な日数は3週間(21日)です。

状況や個人によって多少差はありますが、3週間継続することができれば、習慣化できる可能性大です。

 
とはいえ、その3週間を続けることができないから困っているという場合も多いでしょう。

人間の特性として、

  • 簡単な行動(作業)ほど習慣化しやすく
  • 難しい行動(作業)ほど習慣化しづらい

ものです。
 
そのため、始めから難しいことを行うのは、作業を継続させる上で好ましくありません。

 
続いて2つ目に意識すべきことをお伝えしますね。
 

最初は徹底的にハードルを下げること

習慣化を身につける上で、何より大切なのは毎日行うこと

初期段階で挫折することがないよう、最初のうちは行動量のハードルを徹底的に下げることが大切です。

慣れてきたら少しずつ行動量を増やしていくことで、無理なく習慣化を行う事ができます。

 
例えば、腕立て伏せを50回行うことを目標にする場合、初日から50回行うのはNG。

初日は1回、2日目は2回、3日目は3回といったように、徹底的に最初のハードルを下げましょう。

まずは、腕立て伏せをする日常に慣れさせることが大事です。

 
最初のハードルが低いと、作業がそれほど苦になりません。

腕立て伏せが習慣化されてきたら、徐々に負荷を上げていけばOKです。

 
これはブログ記事を書く場合などでも同じです。

いきなり毎日1記事を書くとなると、負荷が強すぎます。

 
そうではなく、初日は1行だけでよいのです。

2日目は2行、3日目は3行、慣れてきたら小見出しを書くなど、少しずつ書く量を増やしていきます。

習慣化されれば、記事を書くことが当たり前になってくるので、この段階までくれば、1日1記事を書くことも夢ではありません。

 
きちんと習慣化されるまでは、結果に一喜一憂しないでくださいね。

結果よりも、作業が続いていることに対して自信を持ち、習慣化を構築していきましょう!
 

まとめ

作業を継続するために必要なことについて、振り返っておきましょう。

<作業を継続させるために重要な要素>
習慣化

 
やる気・根性・努力などでは、作業を長期間継続するのは困難です。

無理に続けようとするほど、些細なきっかけでサボってしまったり投げ出したりする原因となります。

 
作業を継続させるために、最も意識すべきなのが習慣化

物事を習慣化させるコツは、

  • 3週間(21日)継続すること
  • 最初は徹底的にハードルを下げること

の2つ。

 
まずは徹底的にハードルを下げて、毎日行動することが大切です。

ブログ記事を作成する場合、初日は1行、2日目は2行など、ごく僅かな負荷で構いません。

慣れてきたら少しずつ作業量を増やしていくことによって、行動が習慣化されていきます。

 
本当に物事を継続させたいのであれば、当たり前のように毎日行動できるようになるのが一番確実なのです。

3週間経った後には、初期の頃よりも明らかに作業を継続しやすい状況になっているでしょう。

スポンサーリンク