読書をしたいけど時間がない」という方に朗報!

1冊10分で読めるビジネス書の新たなサービスがスタートしました。

今なら7日間無料で利用できます↓




退職代行を利用するのって卑怯なのかな・・・

こんなことを思ってはいないでしょうか?

 
労働者に代わって退職の意思を伝えてくれる退職代行

退職代行を利用すれば、会社の人と会うことなく、二度と出勤せずに退職することができます。

 
ただし、「本人から直属の上司(もしくは社長)に退職の申し出を行う」という本来の退職の流れが省かれます。

そうすれば、本来の退職方法とは異なるため、上司(社長)は面白く思わないでしょう。

「退職代行の利用なんて卑怯だ!」と思われることも・・・

では、退職代行の利用は本当に卑怯なのでしょうか?

そこで今回は、その答えを徹底検証していきたいと思います!
 

退職代行を利用するのは卑怯?ずるい?

退職代行を利用すると、「卑怯・ずるい」という意見もあります。

では退職代行の利用は、卑怯なのでしょうか?

 
その答えは・・・
卑怯ではない

 
退職代行の利用は退職のルール上、何の問題もありません

正社員・アルバイトなど立場に関係なく、利用することが可能です。

 
むしろ、あなたが置かれている状況が厳しいからこそ、退職代行を利用せざるを得ない状況のはずです。

退職の申し出をしてすんなり穏便に退職できるのであれば、あえて退職代行を利用する必要はありませんからね。

そうはいかないから、世の中に退職代行というサービスが存在しています。

 
もしあなたが退職の申し出をすると、

  • この忙しい状況で退職したいというのは非常識だ!
  • 人手不足なんだから、退職するなら○ヶ月後にして!
  • 後任はどうするの?

などのように言われる状況だったら、どうでしょうか?

退職の申し出をするのに、かなりの勇気がいりますよね(^^;)

 
上記のように追い込まれている状況だと、退職を切り出すことすら難しくなります。

そんな状況で退職代行を使うわけですから、卑怯でもずるくもありません。

むしろこのままあなたが耐え続けていれば、どんどん心身が蝕まれてしまいます…

 
だからこそ、「退職代行を利用するのは卑怯・ずるい」という意見は気にする必要はありません。

追い込まれている状況だとしたら、すぐにでも今の会社を離れることを考えてくださいね!

 
では、なぜ退職代行の利用が卑怯だと言われることがあるのでしょうか?

その理由について、次の見出しでお伝えしていきますね。
 

退職代行が卑怯だと批判される理由は?

あなたはもしすると、退職代行が卑怯だという意見を耳にしたことがあるかもしれません。

では、どうして退職代行の利用が卑怯だと言われるのでしょうか?

 
主な理由が、、、
マナー・モラルがないと思う人がいるから

 
このように思う人は、大半が管理職および社長。

会社の経営に携わっている側の人たちです。

自らの口で退職の申し出をすべきだと思っているからこそ、マナー違反もしくはモラル違反だという認識なのです。

 
でもちょっと待ってください!!

退職の申し出をしにくい環境にしているのは、いったい誰でしょうか?

そう、その原因の多くが上司や社長ですよね。

 
通常の手順に沿って、「自らの口で退職の申し出をした上で退職したい」。

大抵の人はそう思っているはずです。

ですが、自ら退職を切り出せない事情があるから退職代行を利用せざるを得ない。

 
その事情とは、

  • 強引な引き止めにあう
  • 叱責される
  • 人間環境が悪くなる
  • 嫌味を言われる
  • なかなか辞めさせてくれない

などがあります。

 
自分一人の力ではどうにもならないからこそ、第三者の力を借りた退職代行を利用するわけです。

そのため、「退職代行の利用は卑怯・ずるい」と言っている上司や社長のことは気にする必要はありません。

我慢し続けていれば会社にとって都合が良いように扱われてしまい、あなた自身がさらに辛くなるだけです。

 
では実際に退職代行を利用すべきなのは、具体的にどんな状況の場合でしょうか?

続いて見ていきましょう。
 

退職代行を利用するのはこんな状況の場合!

あなたは現在、下記の状況に当てはまってはいないでしょうか?

  • 今すぐにでも退職したい…
  • 人手不足の状況で辞めるのが困難…
  • 上司(社長)に退職の申し出をするのがとても怖い…
  • 上司(社長)とこれ以上会いたくない…
  • 会社に出勤するだけでも精神的に辛い…

もし一つでも当てはまるのであれば、退職代行を検討することをオススメします!

 
このように精神的に追い込まれている状況だと、あなたは我慢をし続けなければなりません。

通常の流れで退職をするとなれば、

  • 退職の申し出をするまでの怖さや不安
  • 退職を申し出た後の理不尽な対応
  • 退職するまでの辛い出勤期間

といったことを全て乗り越える必要があります。

 
これだけでもかなりの精神的なストレスがかかりますよね(^^;)

 
自分自身で全てを抱え込むと、会社にとって都合のいいように扱われてしまいます。

「退職代行の利用は卑怯だ!ずるい!」と言って、会社は労働者を辞めさせないように働きかけていることは事実です。

そのため、あなたが精神的に追い込まれている状況であれば、理不尽な環境を打破するためにも、退職代行という第三者の力を借りることを検討しましょう。

 
退職代行はルール違反でも卑怯でもずるいわけでもありません。

あなたの目的は退職のはずです。

 
通常の流れでの退職・退職代行を利用しての退職、どちらの流れで退職するかの違いです。

両者の流れの違いについても把握しておきましょう!

 
次の見出しでお伝えしていきますね。
 

退職代行はあくまで一つの退職の選択肢

「通常の流れで退職する場合」と「退職代行を利用して退職する場合」の違いについて、お伝えしますね。

まずは通常の流れで退職する場合です。

【通常の方法での退職】

  1. 直属の上司(いない場合は社長)に退職の申し出
  2. 了承後に退職日を決定
  3. 退職届を提出
  4. 仕事の引き継ぎ
  5. 退職が成立

 
上記のような流れが一般的です。

 
続いて退職代行を利用して退職する場合の流れを見ていきましょう。

【退職代行を利用して退職】

  1. 退職代行サービス会社へ依頼
  2. 退職時期や状況についての打ち合わせ
  3. あなたに代わり退職代行サービス会社が退職手続きの対応を実施
  4. 退職が成立する

 

退職代行を利用した方が、圧倒的にストレスフリーで退職できます。

退職代行を利用すると、もう二度と会社に行く必要も、会社の嫌な人と会う必要もなくなるわけですから^^

 
あなたが3万円程度の費用を捻出できるとすれば、退職代行の利用を検討することをオススメします。

いくつもの障壁を乗り越えて通常の流れで退職するより、明らかに退職という目的を達成しやすいですよ!

一早く今の職場を退職したいなら退職代行サービス

あなたが今の職場を一早く退職したいのであれば、退職代行サービスの活用をオススメします。

それはどうしてなのでしょうか?


その理由は、安心・確実に今の会社を退職することができるから。

あなたがやることは、退職代行サービスの会社に退職の依頼を行うだけ。

それで、会社や上司へ連絡不要で翌日から出社せずに退職することが可能なのです。


退職代行サービスを行っている会社は、多くあります。

では、どこに依頼するのがベストでしょうか?


それが、、、
退職代行ガーディアン


主な理由は、
  • 法に適合している
  • 費用が安価である
からです!

下記のようなイメージです。


退職代行は法適合の合同労働組合か弁護士でなければ、法律違反によってトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

その点、ガーディアンは法適合の合同労働組合なので、安心・確実に退職することができます。


弁護士に依頼する選択肢もありますが、弁護士への依頼は高額な費用がかかります。

あなたが現在の職場で大きなトラブル等を起こしておらず、単に早く退職をしたいのであれば、ガーディアンで十分な対応をしてもらえます。

弁護士に依頼するよりも、断然安く済みますよ!


安心・確実に退職するのであれば、退職代行サービスガーディアンを利用することをオススメします。

LINEで簡単に申し込み相談ができるので、退職したいけど人材不足でなかなか辞められないという状況の場合には、ぜひ活用してみてくださいね!
⇒ 会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

まとめ

退職代行の利用は卑怯かどうかについて、振り返っておきましょう。

<退職代行の利用は卑怯?>
全く卑怯ではない

 

退職代行の利用を卑怯・ずるいと考えているのは、管理職および社長。

会社を経営する立場の人たちが従業員に寄り添えていないために、従業員は退職代行を利用したいと考えるわけです。

そうでなければ、わざわざお金のかかる退職代行を利用しませんよね。

 
通常の流れでの退職が困難…

そんな状況に追い込まれているならば、退職代行を利用してさっさと辞めてしまいましょう。

そのまま我慢し続けてしまうと、あなたの精神的状況がより悪化してしまいます。

 
あなたが一刻も早く今の会社を退職したいと考えている場合には、退職代行の利用を検討しましょう!
 

スポンサーリンク