特化型ブログの記事を書く際に、文字数をどのくらいにすればよいか迷いませんか?

 
文字数が少なければ、1記事あたりにかける時間が短く済みますね。

一方、文字数が多いと、よりボリュームのある記事になります。

ただし、その分時間がかかってしまうのがデメリットです^^;

 
このようなことを考えていると、どのくらいの文字数を目安にすべきか気になりますよね。

文字数は少ない方がよいのか、多い方がよいかという感じで…

 
特化型ブログ文字数最適なのは、どのくらいなのでしょうか?

 
そこで今回お伝えするのが・・・
1記事の最適な文字数の目安
 
文字数はある程度多い方がよいです。

文字数が少ないということは、その分読者に伝える内容が薄くなりがちなので。

 
ただし、文字数を多く書くには労力がかかりますよね。

それだと、多くの記事を書くのが大変になります…。

 
では、どのくらいの文字数がベストなのでしょうか?

今回の記事では、最適な文字数の目安をお伝えしますね!

早速見ていきましょう。

 

1記事の文字数はどのくらいがいいの?

記事を書いていく上で、文字数のことは結構気になりますよね。

1,000文字でOKという人もいれば、2,000文字にすべきなど、様々な意見があるので^^;

 
では、1記事あたりの文字数は、どのくらいを目安にすればよいのでしょうか?

その目安が・・・
2,000~3,000文字
 
とはいえ、文字数に絶対的な指標はありません

 
たとえ上記より文字数が少なかったとしても、内容が素晴らしく読者の需要をしっかり満たせば、全く問題ありません。

反対に文字数を多くしても、ただ長ったらしく無駄な内容が多ければ逆効果。

中身の薄い記事になってしまうでしょう…。

 
ただし、価値のある情報を伝えるためには、一定の文字数はどうしても必要。

 
そのためには、2,000~3,000文字は必要だと私は考えます。

1,000文字や1,500文字程度だと、どうしても中身が薄い記事になりがちです…。

 
とはいえ、文字数はあくまで目安として考えること。

それよりも読者が、

  • どんなことを知りたいか
  • どんな疑問を感じているか
  • どんな悩みを持っているか

を考えて記事作りをしていく方がよっぽど大事!

読者が知りたいことを分かりやすく伝えることを心掛けてくださいね。

 
読者に価値を感じてもらえる記事を書いた結果が文字数となって表れます。

そのため、文字数をありきで記事を作成することは、オススメしません。

文字数はあくまで目安として考え、記事内容の濃さに意識を払って記事を書いていきましょう!

 
とはいえ、1記事の文字数が多いほど、サイト(記事)の評価が上がりやすいという意見を耳にすることもあります。

実際に、文字数は多いほどサイトの評価は上がるものなのでしょうか?

 
次の見出しで解説していきますね。

 

文字数は多ければ多いほどいいの?

1記事あたりの文字数が多いほど、サイトの評価は高くなるのでしょうか?

その答えは・・・
多ければよいわけではない

 
特化型ブログの記事は、いかに読者に見てもらえるかが非常に大事。

そのためには、狙ったキーワードが上位表示される必要があります。

上位表示とは、キーワードで検索をかけた時に、より上の方に表示されるという意味合いです。


 
検索者(読者)は基本的に上のサイトから見ていきます。

上にあるほど目に触れやすく、求めている内容が書いてありそうだと検索者は判断するので。

あなたも通常、上位表示のサイトから見ていきますよね?

 
大半の人は調べ物をしようとする際に、GoogleもしくはYahooで検索をかけます。

GoogleやYahooのように、入力されたキーワードと関連するサイトを表示するシステムのことを検索エンジンと呼びます。

 
検索エンジンは、適当にサイトの表示順位を決定しているわけではありません。

検索者が求めている情報を提供できるよう、需要に適したサイトを上位に表示させているんですね。

 
例えば、「東京 観光スポット」のキーワードで検索をかけたとします。

そうすると、下記のような検索結果となりました。


 
このように、調べたい東京の観光スポットに対して、検索者が求めているであろう記事を上に表示する仕組みです。

そのため、一番上に表示されている記事は、検索者を満足させる記事になっている場合が多いもの。

だから「東京 観光スポット」で調べても、仙台の観光スポットなど的はずれな情報は出てこないのです。

 
上位に表示されるためには、読者にとって必要な情報が書かれているかが大事。

文字数を多くする方が、情報が濃く書かれている可能性は高いです。

 
ただし、だらだらと長く書かれているよりも、必要な情報がシンプルに書かれている方が評価はされやすいもの。

文字数を増やすために、無理矢理情報を盛り込んで長くするのは、読者にとって価値がある情報とは言えません。

 
もしも、読者に役立つ情報であれば、グーグルからの評価がプラスアルファになります。

ですが、ただ文字数を多くしても意味はないというわけ。

読者にとって役立つ記事かどうかが大事であることを最優先にして、記事を書いていきましょう!

 
ちなみに、検索エンジンでの順位を上げるための対策のことをSEO(Search Engine Optimizationを略した用語)対策と呼びます。

SEO対策は、記事内容の他に記事タイトルによっても左右されます。
 

SEO対策についてもう少し詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照くださいね。
⇒ 特化型ブログの記事タイトルの決め方|無意識にクリックされる付け方のコツ!

 

ここまで、文字数を絶対的な指標にすべきではないことをお伝えしてきました。

ただし、ある程度記事のボリュームを持たせるには、文字数も一定数必要です。

 
ボリュームのある記事作りのために必要なことも、把握しておきましょう!

 

一定以上の文字数を確保するにはどうすればいい?

文字数は目安とはいえ、ある程度は必要です。

文字数が少ないと、記事内容が薄いという印象になるので^^;

 
文字数をある程度持たせるには、どうすればよいのでしょうか?

それは、記事の全体像を把握すること

 
記事を書き始める前に、記事構成の全体像をあらかじめ頭に入れておくことが重要。

下記のような構成作りを考えておきましょう。

具体的には、

  • 導入文: 300~400 文字程度
  • 各見出し:500~600 文字程度(2つか3つ)
  • まとめ :300~400 文字程度

という感じです。

 
導入文とは、読者にあなたの知りたいことが書かれている旨を示す文章のこと。

おおよそ300〜400文字程度でまとめるとよいでしょう。

 
読者を記事本文に誘導する役割があります。

「記事本文に知りたいことが書いてありそうだ」と思われる内容であればOKです。

 
最も大事なのが記事本文。

記事を書き始める前に、どんな内容にするか見出しのタイトルを考えておきましょう。

 
ちなみに、見出しとは記事内容が一見してわかるように、文章の前に示す表題のことを指します。

今回の記事でいうと、

  • 1記事の文字数はどのくらいがいいの?
  • 文字数は多ければ多いほどいいの?
  • 一定以上の文字数を確保するにはどうすればいい?

に当たるのが見出しです。

見出しを付けることによって、テーマから外れた内容になることや、結論がずれてしまうことを防げます。

 
記事本文中の見出しは2つか3つ作りましょう。

最初のうちは、可能な限り3つ以上の見出しを作ることをオススメします。

2つにすると、どうしても小見出し1つあたりの内容を濃くする必要があるので^^;

 
各見出しの文字数は、500~600文字程度にするのがよいでしょう。

記事本文は読者が知りたい内容・興味のありそうな内容をしっかり書くようにしてくださいね。

 
最後はまとめ文を書きます。

まとめ文は300~400 文字程度にするのがよいでしょう。

 
記事本文であなたが伝えたい要点を書いてくださいね。

読者は「これが大事なんだな」という思いを持ち、満足度を向上させる役割があります。
 

特化型ブログの記事構成については、下記の記事で分かりやすくお伝えしています。
⇒ 特化型ブログの記事の書き方|最後まで読まれる記事作成法を徹底解説!

 

まとめ

特化型ブログの文字数について、振り返っておきましょう。

<特化型ブログで最適な文字数の目安>
1記事あたり2,000~3,000文字

 
文字数に絶対的な指標はありません。

ただし、文字数が少なすぎると、記事内容が薄くなってしまいます。

そうならないためには、ある程度の文字数がどうしても必要。

 
その目安が1記事あたり2,000~3,000文字です。

たとえ文字数が少なくても、内容が素晴らしく読者の需要をしっかり満たせるのならばそれ以下でもOK。

 
ただし、ある程度内容の濃い記事を書くためには、一定のボリュームが求められます。

読者の知りたい情報が豊富に盛り込まれているとGoogleに評価されれば、上位に表示されやすいです。

 
ある程度の文字数を持たせるには、記事構成も考えましょうね。

具体的には、

  • 導入文: 300~400 文字程度
  • 各見出し:500~600 文字程度
  • まとめ :300~400 文字程度

が一つの目安です。

 
最初の頃は1記事あたり2,000~3,000文字というと、多いなと感じるかもしれません^^;

ただし、慣れてくればそんなに多いとは感じなくなりますよ。

こんな情報もあったら読者の役に立つな!」という視点で考えられるようになると、書きたいことが色々と出るようになるので^^

 
まずは、2,000~3,000文字という文字数で記事を作成していきましょう!

スポンサーリンク

本業×副業の二刀流スタイルで最強のリスクヘッジ確立法を公開

コロナ時代でも無敵に生きる『最先端二刀流ノウハウ』を一から伝授します!


※ 登録後につまらないと感じたらメール内で即配信停止できます
※ メールアドレスなどのプライバシー情報は厳重管理しています